スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フォーリング・ダウン」 

フォーリング・ダウン

歩きタバコをする人、そのタバコをポイ捨てする人(しかも火が着いたまま)、車の窓からゴミを捨てる人、飼い猫を野放ししている人、公園の砂場に割れたガラスを放置していく人・・・


と、言い出せばキリがない。


そんな「おいコラ!」と首根っこ引っつかんで怒鳴りつけたくなる輩を見ると、「シリアル・ママ」という映画が脳裏をよぎる。


ガン!バキ!ザク!・・・・・・・・・・・・・・すっきり☆


怖くて実際に注意することなんて出来ないじゃないですかこの世の中。


だから、脳内で。


ガン!バキ!ザク!・・・・・・・・・・・・・・うふ


 




 


今回観たこの映画もそんな「シリアル・ママ」に似たような要素がありまして。


白いワイシャツにネクタイ、アタッシュケースを持った姿はどう見てもビジネスマンの主人公。


マイケル・ダグラス演じるD-フェンスというニックネームで呼ばれているその男は冒頭、微動だにしない渋滞に巻き込まれる。


それが彼を狂気に走らせるきっかけとなる。


次に出合った雑貨店店主の韓国人にコーラをボられそうになり、キレる。


スラム街で因縁をつけてきた南米系のチンピラに、キレる。


立ち寄ったバーガーショップで店長の接客態度と誇大広告に、キレる。


ヒットラーを崇拝している払い下げの軍用品店の店主に、キレる。


そして渋滞を引き起こした原因である道路工事が予算消化のためだと、キレる。


この数々の出来事、若干矛盾点はあるにしても今の私にはなかなかスッキリーー♪とさせてくれるものだった。


でも、「シリアル・ママ」と違う点はこの出来事を引き起こした理由が“世直し”的なものではなく、Dフェンスの身勝手な目的。


その目的はただ1つ。


別れた妻の元で暮らす一人娘の誕生日に彼女に会いに行くため。


とにかく「オレの邪魔をするな。オレは娘の誕生日に我が家へ帰るだけなんだ。」と事あるごとに言う。


その身勝手さが原因で娘と離れて暮らすことになったのに。。。


後半、そんな傍若無人なDフェンスにウンザリしてしまったのですが、平行して退職を控えた老刑事プレンダーガスト(ロバート・デュバル)の活躍がその辺を帳消しにしてくれた。


なにより驚いたのは、M・ダグラスがすでにこの時50前だったにもかかわらず、30代後半の設定の役どころであったというところ。


あの、それはいくらなんでも、ムリが・・・・・


ま、ま、とにかく、ウップンが溜まっているときにもってこいの映画でした。

「ベルベット・ゴールドマイン」 

ベルベット・ゴールドマイン

んーと、最近、相性の合わない映画にことごとく出会ってしまってます。


が、しょうがないです。


レンタルビデオ屋さんで自分が選んで借りたものが連続してガッカリ映画だったら観た映画の感想を全てブログに書き留めるという自分の決めたルールが憂鬱でしょうがないですけど、CATVで放送しているものの中からのチョイスなのでかなり限られた選択肢。


だから、まま、諦めもつく。


なんて


しょっぱなから、さっそくのイイワケですが、


そうです


今回観たこの映画もさほど感情がわきませんでした。


というのも、主人公のブライアン・スレイド(ジョナサン・リス・マイヤーズ)のモデルになったというデヴィット・ボウイに興味がわかない。


嫌いと言うわけではなく、単に興味がナイ。


曲はおそらくラジオなどで聴いているのでしょうけどそれは、単にBGM。


こんな風に思ってる時点でノれない映画だとわかるんですけど、“食わず嫌い”かもしれないと思って観てみました。


・・・・・。


えー・・・、可もなく、不可もなく。


特に何が良くて何が悪いというものがなく。


やっぱり、要は興味がわかなかった、というところ。


あ、でも。


ユアン・マクレガーは歌がウマいということとライトセーバーよりコッチの方が似合ってるてことと露出狂であることの再確認、で、彼とJ・リスは「プリシラ」だけどクリスチャン・ベールだけが「3人のエンジェル」だなぁ・・・・・・・・・・~~~~・・・・・・・・・・


とか


なんか「パタリロ」みたいな映画やな・・・・バンコラン・・・・・・ぷぷ。。。。


などと


ぼー・・・・・ーんやり考えてました。


感想といえばこれぐらい、かな。


あの、実は、感想を書くにあたって、いくら感情が・興味がわかなかったにしてもブログに書くんだからぁ・・・・・、と思って色々調べてみたんですこの映画のこと。


したらデヴィッド・ボウイとイギー・ポップがどうだこうだ書かれている文章を読みながら


【明日は何時から○○公園行こーっかなぁ~♪△△ちゃんのママ来はるかなぁ~・・・。なんかごっつい感じええ人やったわぁ~、仲良くなれたらええなぁ~☆(ぼへー)】 と、


まっっっっったく関係ナイことを思いっっっっっきり頭にめぐらせていることに気付き、インチキな辻褄合わせ感想じゃなくて素直に書きゃいいっか、と開き直りました。


てゆーか、ほんっっっっっとに興味がわかなかったんだわ私。

「ヒューマン・ネイチュア」 

ヒューマン・ネイチュア コレクターズ・エディション

監督が「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。


そして、製作に「マルコヴィッチの穴」の監督スパイク・ジョーンズと、同じく「マルコヴィッチの穴」のこちらは脚本を手掛けたチャーリー・カウフマン。


あ、カウフマンはこの映画で脚本も書いてます。


「マルコヴィッチの穴」、面白かったです☆


製作にマルコヴィッチ関係、だから期待しましたよ。(え、なに関係?)



うー・・・・・・ん。。。。


ところどころわかるんですよ、マルコヴィッチ具合が。(え、なに具合?)


で、なんかメッセージ性があるところもマルコヴィッチ。(え、なにソレ?)


マルコヴィッチなんだけどさー。


マルコヴィッチのコピーて感じ。


え、いい加減わかるように書け?


ムニャムニャ。。。。。。。。。。。


確かに奇想天外なんですよ。全身毛で覆われた宇宙一毛深い女性ライラ(パトリシア・アークェット)と動物にマナーを教え込む研究をしている精神不安定でヘンな博士ネイサン(ティム・ロビンス)と猿として育てられた男(リス・エヴァンス)の3人が人間の欲望やエゴを剥き出しにしてストーリーが展開していく、というものですから。


設定自体がありえないハナシ。ありえないハナシをいかに面白く衝撃的なものにするか。


マルコヴィッチはその辺完璧だった。でもマルコヴィッチで出し尽くしたのか。。。


これといって何がどうというものではなかった。


そんな感じでノって観れなかったもんだから、ネイサンにつかまったサル男のR・エヴァンスが紙オムツつけられてる姿を見て


「えーっと、じゃあ撮影始まりますんでリスさんこれ着けて下さいねー」とかスタッフに言われてかさこそ紙オムツはいたんだろうか・・・とか思いながらポテトチップスぽりぽり食べてました。


他には、P・アークェットの全裸が遠目で何度か映るのを見て小柄な割にはボリュームあるのが再確認出来たり。


やっぱり、T・ロビンスの下膨れはいただけない、と思ったり。


雑念だらけで観てしまった映画でした。


要はそれだけ面白くなかった、てこと。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」 

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

あぁぁ・・・今のタイミングで観ても面白さがわからなかったぁ。。。


でも、わかる。


『面白い映画』だってことは。


なのに、私のテンションが釣りあってなくてのめり込めなかった。。。激しく残念、、


オフ・ブロードウェイで人気を博し、この舞台の監督・脚本・主演であるジョン・キャメロン・ミッチェル自らが映画化。
性転換手術に失敗して1インチだけ残ってしまった股間の突起。アングリーインチ=怒りの1インチとはこのことを指している。


これを聞きかじったときは「ミュージカル映画かぁ・・・しかもややこしい設定やなぁ。。。」と思った記憶があります。ミュージカル映画は嫌いじゃないんですけどコンディションが悪いとあの独特なテンションについていけないところがありまして。だから、今まで観なかったんでしょうね~この映画。


今回たまたまBSでやっていたので「つい」観ました。


でも、どうしてもっと脳みそに元気が有り余ってるときに観なかったんだろうと後悔。


哀しい、けど可笑しい。全てを取っ払ったあのラストにはちょっとジーンときてしまいました。


そしてなにより歌。歌が迫力あってうまくて良い!


私がどうこういうよりもとりあえず、観てもらったほうがいいかな、と。


ヘドウィグを演じているJ・キャメロン・ミッチェルがキレい。パッケージの彼女(彼)は「・・・コレ、キレい?」な感じなのですが、動く彼女(彼)はなかなかキレいです。


各国の役者さんがこの舞台をやっているみたいで、日本では三上博史がヘドウィグ役。。。・・・納得なような、違うような。

「ヘヴン」 

ヘヴン 特別版

番組表に書かれていたストーリーを読んで録画を決めた映画。


なんですけど、同じノリで録画している映画が多量にありまして、どれがそれでそれがこれなのかわからないまま観ました。


出演者も観るまで忘れていた状態。


で、その出演者がこちら


主人公の女教師フィリッパにケイト・ブランシェット、フィリッパと恋に落ちる若い憲兵フィリッポにジョバンニ・リビジ。


・・・!そっかそっか、特にこの2人の名前に惹かれて観る事にしたんだった~ははは~。。。。怖>若年性健忘症(汗)。。。


ぅおほんっ。気を取り直して。


「ギフト」のC・ブランシェットはキレいなんて特に思わなかったんですけど、この映画の彼女はとーっても美しい。絵画か彫刻みたいだった。


作中、頭を剃って坊主にするのですがキレいなまん丸でしかも似合っていてやっぱり美しい。・・・・・・ちなみに、私の頭は出産時につけられたお産婆さんの手形・指型がクッキリで凸凹です。4000g近かった巨大児だったのでエンヤコラと引っ張らなければならなくて見事にピタと人間の手がフィットする形になってます。そんな私が坊主にしたら間違いなくあだ名は“じゃがいも”になるでしょう。。。しくしく。



同じく「ギフト」に出演していたG・リビジ・・・・・え、出てた?


 --- 検索 --- 


調査終了。あらぁ、結構重要な役どころじゃなーい。おっかしいなぁ~、印象に残ってないわぁ~、良い役者さんなのにねぇ~、、、、顔、が原因かしら・・・・・なんて猛毒吐いてしまいましたけど、この映画の彼には愛着が持てました。


観るまではこの2人が恋に落ちるというところに激しく違和感を感じたのですが、美しく哀しげなフィリッパに健気に愛を注ぐフィリッポの関係がなかなか良かった。


でも、このフィリッパが逮捕される“いきさつ”がゴウインじゃねーか・・・?


復讐のために使ったモノがなんで爆弾?しかも時限爆弾。銃とか、ナイフの方が殺せた事を確認出来るんじゃね?捕まりたくない為に爆弾を使ったのならなんで自らの名を名乗って警察に爆弾仕掛けたことを電話してんの?その復讐の動機もなんかボヤけた感じがして納得いかず。


ストーリー展開も「えー、ナニそれー」がてんこ盛りだくさん(^▽^)b・・・・・・・


が、


始終目が離せなかったのは、画がたまらなく美しい。かた時も画面から目を離すことなく見終えてしまいました。


監督は「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ。コチラの映画も録画済み。ストーリーに対しては特に期待していないが映像を観るのが楽しみ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。