スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天国の口、終りの楽園」 

天国の口、終りの楽園。

予備知識として入れたのは、ただ、“良い” とだけ。


何がどう“良い”のかは特に知ろうともしませんでした。


たぶん、その時コノ映画にそんなに興味がなかったんでしょうね~


「ふ~ん。“良い”のかぁ。。。そのうち観よ~っと」てな感じ。


で、「そのうち」が昨日。BSで放送していたのを録画していたのでそれを観ました。


ほほ~~。。。。


なるほど。


結構、“良い” ですね。


メキシコ映画。青春真っ只中18歳の少年フリオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)とテノッチ(ディエゴ・ルナ)の2人がテノッチの従兄弟の妻ルイサと実在しない楽園『天国の口』というビーチへ車で向かうというロードムービー。


ネタバレしてます。


まず、メキシコの景色が良い。雰囲気がよくわかる。♪よその~く~にぃ~♪を映画で堪能するのが好きな私にはそれだけでも観てよかった感じ。


そして、メキシコなだけに情熱的だから(なにソレ?)冒頭からとにかく、スケベシーンが多い多い。


性描写が濃厚なだけに『ただのエロ映画』扱いされてるんですけど・・・


青春真っ只中の少年2人がストーリーに登場するんだから、しょうがないっつーかなんつーか。。。


だから私は、スケベシーンはそんなにイヤな感じはしなくて、「青いねー」とだけ。


そりゃ、そこら辺をどうこう言いたくなる気持ちはわかりますよ。でも、もっと、こう、そこだけじゃなくて、他にもあるんじゃないかな、と。


例えば、


10代の頃は、自分の立場や現実なんかは視界の片隅に見えはするけどそれはあくまで“目”で“見てる”だけで、脳や心、身体の機能の何かで感じることはなかなか、ない。実感として受け止めたことが、ない。だから、「わからない」状態。


まさに、その「わからない」状態がまざまざと描かれている。


と思った。


他には、


そんな“若い時”を生きている2人だから、もちろんお互いの家の『階級』なんかは、知ってるけど実感出来てない、というか、実感なんてする必要がない。だから大人の様に妙な“壁”を作らないのでヒジョーに仲良くなれたりする。


その大人が作る“壁”は良く言えば、そんなお互いの違い(『階級』などのイヤなもの)によってキズつけたりキズつけられたりしないようにする防御策。


“防御策”をせずにお互いを受け入れることが出来る子供はスバラシク思える。が、残酷でもある。


コノ映画でその辺のちょっとした残酷さを感じたのが、お金持ちであるテノッチは母子家庭のフリオの家のトイレを使うとき便座を足であげる。が、フリオはテノッチの家のトイレを使うときニオイを消すためにマッチをする。というトコロ。


どこかでお互いの“違い”を意識していながら“親友”だなんて思ってるから、見えないところで相手を見下げたり遠慮したり。


ま、大人でもそんなのは日常的にありますけど、出来ればそういうことをしなくてすむ様に無意識に同じ位置に立てる人と仲良くなったり。・・・しませんか、そうですか。


お互いがお互いの彼女と寝たということを告白するシーンや、ルイサとそれぞれが関係を持ち、それを複雑な思いで見ている、というシーンで、まだ彼らは“セックス”という動物的な部分でしか痛みを感じることが出来ないのだろうなぁ・・・


そこの痛みを感じた後に、次は『世の中』の痛みを受けていくんだろうか。。。


生きるって痛いなぁ・・・


と、『ただのエロ映画』では感じることの出来ないものが私には感じられました。


ルイサはこの旅に出る前にダンナから「浮気をした」という告白をされていて、旅の途中、ところどころで涙ぐんだり「命が永遠であってほしい?」とか言うのですが、前後とのつながりがワケがわからんくて、ダンナに浮気されたことがショックだったのね~、なんて軽く考えて観ていました。


でも、ラストで明かされる事実でつじつまがあいます。


だから、「終りの楽園」だったのか。。。


もう1つ。


『ただのエロ映画』に成り下がらなかったのは、全体に入るナレーションが登場人物のダレでもない、素性のわからない男性の声というのが妙に物悲しく感じるものだったという点。


最後に、


ラスト近くでフリオとテノッチとルイサが3人で交わるシーンがあるのですが、そこでフリオとテノッチがノンケなくせに熱ーいキスをします。


一瞬びっくりしましたが、なんせあの、美しいG・ガルシア・ベルナルとカワイイD・ルナの2人のキスシーン、それを目当てに観ても損はしない。



結局、そこかよ。


ちなみに、G・ガルシア君はN・ポートマンとヨリを戻したみたいです。


と「結局、そこ」だったことを芸能情報でゴマかして〆ておきます。すいません。

「チョコレート」 

チョコレート

あ゛あ゛あ゛・・・・おも・・・・・


重い、重い、とは聞いていたが確かに、重い。


ネタバレしてます。


えーと、何がいったい『重い』のか。


まずレティシア(ハル・ベリー)の夫が処刑されるまで。コレ、第一『重い』


で、ハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)の息子ソニー(ヒース・レジャー)が祖父と父の前で銃で自殺。コレ、第二『重い』


次。


レティシアの息子タイレル(コロンジ・カルフーン)の交通事故死。。。第三『重い』


で、


散々愛し合って、その相手、ハンクが夫の処刑執行を行った男だったと知るレティシア。


とどめの『重い』


しかも


ハンクとその父バック(ピーター・ボイル)の酷い人種差別に、レティシアの経済的な状況、そして父親を施設送り(実質のところ捨てる行為)にするハンク。


と、さらにこまかく『重い』を散りばめて、とことん『重く』仕上がっている。


ラストは、“とどめの『重い』”でショックを受けたレティシアがハンクを銃かなんかで殺しちゃうんだろうと思ったのですが


それはなかった。


けど、あの終わり方は「ここからのストーリーは観る人におまかせします」なパターンなので


もしかしたら殺しちゃったのかもしれないのですが。


とにかく、ハリウッドの典型的な映画のラスト『ショックのあまり愛した人を銃で殺す』なんてくだらない終わり方じゃなくて良かった。


それじゃあまりに脳がない。


結局のところ、感想として私が思ったコトは


『重い』



『ぇぇええ・・・その展開でセックスにいくの!?』


でした。


人肌恋しい気持ちになって行きずりのセックスも普通にあって不思議はないですけど


私だったらムリ。


そんな気力さえ無くなるよ。


理解不能だ。

「電車男」 

電車男 スペシャル・エディション

このオハナシ、ドラマ化される少し前に知りました。


と、言っても、『2ちゃんねる』で知ったワケではなく


どなたかのHPで。(忘れました)


で、『2ちゃんねる』を見てみたら、


「『電車男』で『2ちゃんねる』を知ったヤツは来るな」というアノ独特な世界観で吹き荒れていました。


なので、早々に退散。


すると、本の著者がまとめサイトなるものを作成されていたので、そちらを読んでみました。


「・・・・・・・・・・。」な感じでした。(あいまい。。。)


でも、ドラマは伊藤淳史と劇団ひとりを見たくて最後まで見ました。


ミーハーです。ハイ。


映画は、今回CATVで放送していたので観てみました。


ドラマほど騒がしくないんだけど


すっごい、チープ。。。


本編終了後にあった中谷美紀のインタビューで、彼女が言っていたのですが、撮影は1ヶ月もかからなかった、と。


スんゲーやっつけ仕事やん。


「『2ちゃんねる』は便所の落書きのようなものだ」と言われていたらしいけど、“便所の落書き”をドラマ化したりして金儲けしている人達はいったい。。。。


目くそ鼻くそ、と言うべきか。


それとも


持ちつ持たれつ、と言うべきなのか。

「トゥー・ウィークス・ノーティス」 

トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版

ひょーひょーとした男前の大金持ち。そして女好き。


方や、おしゃれに疎い堅物弁護士。そして天然。


ヒュー・グラントらしく、サンドラ・ブロックらしいそれぞれの配役。


ナイスキャスティング。


ボランティアに熱心な熱血弁護士ルーシー(S・ブロック)が残すべき公民館の取り壊し反対を大手不動産会社のトップにかけあった。それがきっかけでルーシーはトップであるジョージ(H・グラント)に雇われることに。だが、ルーシーはジョージの公私混同に悩まされることになる。そしてついに、辞表を言い出すルーシーだが、、、


何の変哲もないラブストーリーだったけど楽しめました。


メグ・ライアンのラブコメはもう飽き飽きしてきてるんだけど


H・グラントは飽きない。


別に「だ~い好き(はあと)」なんて思ってるわけじゃないんですよ。


言うなれば『憎めないヤツ』的な感じ。


タレ目でなで肩。私にとって、男前と言うには“?”が浮かんでしまいそうな顔。


でも、キャラが良い。


ラブコメの相手役として愛する俳優です。


S・ブロックに対してはそこまで愛情はありませんが、嫌いではないです。


とにかくウマく笑わせてくれて、気持ちが緩む映画でした。


でも、S・ブロックの『天然キャラ』は若干飽きを感じてたり・・・(もぐもぐ。。)

「テープ」 

テープ


ウマ・サーマンとイーサン・ホーク夫妻が共演てとこに少々惹かれて観ました。


あ、『夫妻』なのにウマが先でイーサンが後、に書いて・・・


私の率直な感想がすでにココで出ちゃった。。。


どうしても、ウマの方が活躍してr・・・ごほごほ。。


ストーリーは・・・ヤクの売人をしているヴィンセント(イーサン・ホーク)と、新人映画監督ジョン(ロバート・ショーン・レナード)は高校時代の同級生。30歳を前にして久々に故郷で再開する。場所はヴェンセントの宿泊しているモーテル。
そこで高校時代の話になり、ヴェンセントはジョンにあることについて問い詰め始める。


ネタバレしてます。


ヴィンセントが宿泊しているモーテルの一室。始終ここ。


ここ以外の場所は一切出てきません。


ずーっと薄暗いモーテルの一室。で、ずーっと話してます。この2人。


字幕読むだけで疲れますよ。


こういう映画を観た時、英語が解ればなぁ・・・とつくづく思います。


ヴンセント演じるイーサンは乱暴的なワル。


・・・を気取ってるだけ、に見えたのですが


ヤクの売人てだけで、ちっともワルじゃない。


むしろ、スゲーちっせーヤツ。


実際の演出はどうなんでしょうか?


ヴィンセントのキャラクターが“ワルを気取った小心者”だったらイーサンはしっかり表現出来てると思う。


でも、そうじゃなく、もっとシャープな感じのキャラクターだったら、ただのミスキャスト。


PARTYを文字ってチアダンスみたいなダンスを面白がってするシーンがあるんですけど


キモい。   ・・あ、コラコラ私てば。


要は窪塚洋介みたいな不思議くんなんですよ。


オチャラケたかと思ったら、真面目なジョンとの議論にはいっちょまえな返しをしたりする。


「賢いオレは他人とは違う。」と見下すことしか出来ない男。   ・・ちっさ!


こういう男ってだっっっキライ。


一方の真面目なジョン(ロバート・ショーン・レナード)。


真面目、というか、真面目な“フリ”をしてるというべきか。


“フリ”だから、タガが外れてしまいがちな青春時代はオイタもしました。


酒に酔っ払って女の子を押し倒したり。と。


この押し倒された女の子がエイミーといってヴィンセントの元カノ。ウマです。


高校の頃に、ヴィンセントと付き合っていて卒業を前に別れる。そして間もなくジョンと付き合うことに。


親友のジョンが自分の別れた彼女と付き合う。そこにヴィンセントは食って掛かる。10年も前のことなのに。ちっさ!


ヴィンセントは、当時2人に何があったのか、どんなセックスをしたのかをひつこく聞く。ぁちっさ!


で、あげくにエイミーをデート・レイプ(親しい仲でのレイプ)したんじゃないのか。と執拗に問い詰める。ちっっっさ!


でもジョンは激しく否定。


ここに至るまでがやったら長い。


そしてここからもとにかく長い。


ヤッタ、ヤラない。レイプだ、同意があった。過ちだ、過去の話だきっと彼女は忘れてる。


と延々と、やり取りが続きます。


結局ジョンが「レイプした」と白状するんです。(したんかよ)


そこでヴィンセントはこれまでの会話を隠れてテープに録音していたことを明かす。


ジョンはそれを知ってヴィンセントに対して怒りを露にしつつテープの存在に動揺する。


ここら辺でようやく「おぉ!テープが出たぞ!どうして録音なんてしたんだ!」と謎が出てきて興味しんしん。


なのに、テープに録音した理由はエイミーにジョンの白状を聞かせるため、といたって単純。謎でもなんでもない。


で、やっと、なかなか出てこなかったウマ登場。


と思ったら今度は3人で腹の探りあいが始まる。(またかよ)


ヴィンセントはジョンが告白したことをエイミーにはっきりと言わず、ほんのり匂わす。


で、テープをチラつかせる。


ジョンは謝罪するべきかどうするべきか。でもエイミーは忘れてるかもしれない。その程度の出来事だった。・・・ハズ。


エイミーは2人の妙な雰囲気にだんだん嫌気がさしてくる。


このやり取りもずっと薄暗いモーテルの一室で行われる。(げんなり)


で、ヴィンセントに「とにかくもう帰る」と吐き捨て、一度は部屋を出て行ったジョンが再度戻ってきてついにエイミーに謝罪する。


「あの晩のことを謝りたい」と。


でも、エイミーは何についての謝罪かを聞くがジョンはなかなかはっきり言わない。


「ほれ、あの、えーっと、だから、」と、この展開、ヒジョーにひつこい。


結局、理解したエイミーはレイプなんてされていない、と言い切った。


ここで一気に逆転。


今度はヴィンセントが気まずい感じに。


で、エイミーはヴィンセントに「どうして私がジョンにレイプされたなんて思ったの」という問いかけに


「オレとは寝なかったのにジョンとは寝たから」(自分と寝なかったのに他の男と寝た=レイプされた違いない)


て。


・・・こ、コラー!なんやその理由はー!おどれ、しょーもない話しよってからにぃ!今まで観た時間かえさんかーい!


このー!イーサンめー!(こめかみグリグリ&わき腹のゼイ肉ギュー!←コレ、結構イヤ)


ラストは、検事補という仕事をしているエイミーが通報するんです。


「違法な薬物がある」「レイプをしたと自白した男がいる」と。


薬物を所持しているヴィンセント、レイプを自白したジョン。2人は呆気に取られる。


そして、ヴィンセントは慌てて逃げる用意をするがジョンが「オレは逃げない」と言うのでどうしていいかアタフタ。うーわちっさ!


バレたくないので慌ててトイレにコカインを流す。


でも通報はウソ。   でした~ ちゃらっちゃー♪(ドッキリ風音楽)


うろたえるヴィンセント。そして「ウソつきやがって!上質のヤクを流しちまった!」と、エイミーにキレる。ちーっっさ!


その滑稽な姿に冷ややかな笑みを浮かべて部屋を出て行くエイミーと、ざまぁみろと言わんばかりのジョン。


これ、オフ・オフ・ブロードウェイで上演されてたものだそうです。それを見たイーサンが映画化にこぎつけたらしいです。ちっs(あ、ここは違うか)


舞台という『立体』で観れば、グっと入り込めたかもしれませんが、映画は『平面』。でしかも、モーテルの一室のみてのは地味すぎて、そこで行われてる他人のくだらない議論を延々と聞かされて


結局のところ、ちっとも面白くなかったです!!!ふがー(鼻息)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。