スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2001年宇宙の旅」 

2001年宇宙の旅

初めて観ました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・う、うわぁ・・・(ぽかーん)


・・は(戻ってきて、と。)          あ、あぁ、はいはい、なるほどぉ、わかったぁ~・・・


ずーっと不思議に思ってたんですよね~。。。


なんで「大傑作!!」と「意味のない駄作」という極端な評価に分かれてるんだろう、て。


うん、、、た、確かにコレじゃぁ、分かれる。か。うん、コレじゃ。ね。


独特。(ぼそっ)


あ、いやいや、そんな一言で終わらせるんじゃなくて、肝心の感想、感想。


えーっと・・・あのぅ・・・・・・。。。。。


こほんっ(姿勢直して)、、、そもそも、観るつもりなかったんですよ。


きっと『ザ・凡人』な私のオツムじゃキューブリックの世界は理解できないだろうと思ってたので。


なのに、なぜ観たのか。


CATVで最近しょっちゅうやってるんです。


その日は他になーんにもやってなくて、で、ただチャンネル合わせてただけなんです。


BGMがわりに。


観るつもりなかったんです(2回目)。テレビつけた時すでに中盤だったし。


その横で、パソコンの画面見てたし。


でもねぇ、あんなねぇ、真っ赤っかな映像や真っ白な映像を横目ででも見せられちゃっちゃ気になりますよ。


・・・んもぅ。。。


だから、ここはひとつ、「じっくり観てやろう」と、日を改めて観ました。


ネタバレしてますよ。


最初の、類人猿が進化を果たすシーンはわかりました。


けど、あのパネル(なのか)はなんだろうか・・・


で、いきなり宇宙船のシーン。


これは、類人猿が人間になり、人間が宇宙へ飛行出来るほどに進化したことを言っているんですよね・・・


す、すげーショートカット・・・


んで、ココからがなんだろう、、、コンピューターVS人間てことなのか


で、その戦いは人間の勝ち。てことなのか。


そして一息入れずに、様々な光線にまみれて合間合間に広大な景色が広がって。とかいうシーンが織り交ぜられて・・・(すこーしツムジがチリチリしてきたよぉ)


しまいにゃ、真っ白いロココ調だかゴシック調だか知らんがとにかく真っ白い部屋のシーンにポイと投げ出されて。(あ、ツムジのさっきのトコがかゆーぃ)


その部屋に投げ出された男が、あれよあれよと言う間に青年から中年、中年から息絶え絶えなジジィ・・じゃなかったおじいさんになって(・・・・・・ぽりぽり)


次に パ と胎児になっちゃって。(!)


んで、ラストで胎児VS地球、て戦ってねーや、えーっと、胎児が地球を見下ろしてる。。。。。。。。。。


・・・・・・ぅ、ぅ、ぅわぁぁぁーーーーなんなんだーーーーーーー!(ツムジぼりぼりぼりぼり!)


とりあえず、不思議ちゃんがニガテな私に、意味を!意味を!


ど、どなたか意味を持っていらっしゃる方!(あ、飛行中の飛行機でありそうなシーンで。)


というワケですすーっと検索。


ビバ☆インターネット☆


なんて便利な時代なのかしら~♪


で、調べてみたら、出るわ出るわ、「2001年宇宙の旅」を解説するサイトが。


ふむふむ、ほうほう、と読ませていただきました。


結果・・・・・・理解、出来 ごにょごにょふにゃふにゃ した。


以上、『ザ・凡人』がお送りいたしましたぁ。スタジオさぁん?スタジオにお返ししまぁ~す

スポンサーサイト

コメント

「2001年」のヒント

こんばんは、カジックです。
管理人さんの希望通りにします。本当は言いたくてウズウズしてるんですが(^^;)。何しろ、この映画、意味がわかった方が100倍は楽しめますから。
ヒントというか、キーワードだけ書いておきますね。
「エロチック」「タブー」「任務(責任)」
この観点で、画面を穴の開くほど見つめれば、そして想像力を働かせれば理解することができます。
キューブリックは、演出は巧妙ですが、メッセージそのものは誰にでもわかる平易なことを言ってます。
頑張ってください。

カジックさん
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
うーんと、お言葉ありがたく頂戴いたします。。。けど、手玉に取られたままにしておきます。その方が私は気持ちいいかな、なーんて★

「2001年宇宙の旅」のこと

初めまして。カジックと申します。
「2001年宇宙の旅」のコメント、拝見させていただきました。僕も初めて観た時は、ストーリーが理解できず、ただただ映像のすばらしさに酔いしれていただけですが、今では大部分理解しているつもりです。
ただ、いろんな方のコメントを見ると、勘違いされている方や、肝心なことを見落としている方が多いようですね。その原因は「大真面目に見過ぎている」ことだろうと思います。
キューブリックは、この映画で一種の手品をやっているんですよ。トリックだとは気づかないトリックで観客を手玉に取っているんです。
管理人さんがご希望なら種明かしをして差し上げますが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/79-4d1697c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。