スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマバトン 

受けて立ちました。じゃなくて、お受けいたしました、「シネマ・バトン」。


『夜泣きによる被害者の会』の先輩でもあり、『映画好き主婦』の先輩でもある、なぎささん(UkiUkiれいんぼーデイ)が渡してくださいました☆


では、さっそく・・・


①所有している映画の本数は?


ん?所有?映画って、、、え?買うの?・・・あは、あははは。持ってませーんよ~♪


・・・・・・あ、いや、持ってる持ってる!そうだ、あったあった!1本だけ!


「ロミオ&ジュリエット」。ビデオで。


理由は、ジョン・レグイザモが好きだから!(きっぱり) ええ、ええ、ミーハーですとも。


レグレグのムキムキマッチョな肉体を堪能するために買ったんです!それだけのためにたった1本だけ持ってるんです!(きっぱり) ええ、ええ、オヤジ的発想ですとも。


いいんです!なんと言われようがそれがホントのコトですから!(ちょいギレ)


と、まあ、勢いだけで①の質問を終わらせおいて。ふふ~ん♪さ、次!


②最後に買ったDVDは?


・・・・・・・・・・・・・・・・・弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。傷口に塩。恥の上塗り。。。あぁ色んな言葉が浮かびますよ。


DVD  持ってないんです。てば・・・


あぁぁ・・・、本当に映画が好きなんですよ!ま、確かに『エセ映画好き』と自称してるトコロもありますけど、いや、でも、、、あぁ・・・映画って買うものなのね・・・(がっくり)


③最後に劇場で観た映画は?


 んーっと、おほんっ・・・(気を取り直して) なんせ、1歳児を育てているところですので、劇場へはなかなか行けません。


が!ここにも書いたのですが、去年のお盆休みにダンナに預けてママ友と「スター・ウォーズ エピソードⅢ-シスの復讐-」を観ました。


これが“映画好き”を再燃させてしまいました。それまでこのブログは育児日記のつもりで書いていたのですが、今じゃすっかり映画感想日記。なははは。


で、今、また、ダンナが休みなので、預けて観に行ってきます。「キング・コング」を♪うふふ~ん


④よく観る映画、思い入れのある映画を5作


1、「カクテル」・・・これはここにも書きましたが、私を『映画好き』にさせたきっかけの映画です。


2、「ロミオ&ジュリエット」・・・何度も書くようなことじゃないんですがジョン・レグイザモの肉体を堪能するため。でも、それだけじゃなくて、雰囲気や映像、使用されている小物が好きなんです。毒が入れてある小ビンとか。キレいな雑貨屋さんに入った気分になれるから。


3、「スワロウテイル」・・・めずらしく邦画です。友達にBSで放送していたものを録画してもらったビデオテープを引っぱり出してきて観ます。あの雑多な感じが好きです。


4、「バグダッド・カフェ」・・・夏の暑ーい太陽サンサンなお天気の日で時間は昼の2時くらいに照明を消してクーラーを効かせてだらーんとしながら、という条件で観るとサイコー(親指グッ!)


5、「ポネット」・・・初めて劇場で映画観ながら寝てしまったのでやたら覚えてます。あ、もちろん内容は観れてませんので「題名」ね。て、答え間違ってますかそうですか。


ううう・・・・5本に絞るなんてムリっす!思わず最後の1本でトンチキチンな答えをしてしまいましたよ。。


⑤心に残り続ける作品は?


 「羊たちの沈黙」・・・他の連続殺人が起きる映画を観て殺人の動機に疑問を抱くことが多い。いまいち詰めが甘い(なーんて、エラそうに)。ところが、この映画のバッファロー・ビルの動機は納得できてしまった。て、もちろん殺人はしちゃいけまてん!


⑥愛する人と一緒に観たい映画


『愛する人』てまた大きく区切りましたなぁ・・・


例えば、恋人ならベタにラブストーリー。でも彼氏の性格にもよるしな~・・・


で、これが夫なら、お互いが「よし!コレにしよう!」と思ったものなら何でも良いし。


自分の子供や親ならまた違ってくるだろうしね。。。とヘ理屈コネコネ。


ダメ。決められまてん。


⑦震え上がったホラーは?


えー・・・っとですね、基本的にホラーは観ません。気がちいさいもので、ショックシーンでぽっくり。なんてコトもあり得ますからね。


でも、たまに体調の良いときに観たりもします(観るんかい)


で、数少ないホラーの中で、一番コワかったのは「サイコ」です。(あ、なぎささんとチビっとかぶてるぽい・・・ははは)


⑧バトンを渡す人


 結構なペースでレビューを書かれている『MovieRoad-映画道』のKAZUさん、受けて下さ~い。・・・ダメですか?


遅ればせながら、皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/75-adf5fdfb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。