スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニュー・シネマ・パラダイス」 

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 スペシャル・エディション

大晦日だからでしょうか、今日、CATVでコレやってました。


その昔、映画にハマった当初、映画好きな職場の先輩にやたら勧められたのでまずこの映画を観ました。


そして、例に漏れず私も感動の涙を流しましたです。(あぁ、凡人・・・)


で、今日は再観。


すると、昔観たときはただ「映画ってスバラシイ!」としか思わなかったんですが、今日は、アルフレードの言葉の深さに感動しました。


・・・最初にわかれよ。と、突っ込まれそうですが。


まだあの頃は映画に目が慣れてなかったんですよね・・・。なはは。


ハリウッド映画では出せない『情緒』があるんですよね~。細かいディテールがなんか心に くっ と来ます。


---------------------------------------


去年だったかな・・・もっと前だったかな~。。テレビの情報番組の1コーナーで「今、留学をするOL達」みたいな題材で特集をやっていたんです。


20代後半の未婚のOLが退職をしてまで海外へ留学するんです。ワーキングホリデーやらなんやらで。


1人は夢を叶えるため(何の夢だったか忘れました)に留学。うん、これはわかります。


問題はもう一人の女性。


行き先はイタリアのシチリア島。一般家庭にホームステイして現地の小学校の講師として働く。と。


うん、スゴい。思い切ったもんだ。


総合病院で医療事務の仕事をしながら駅前留学でイタリア語を猛勉強。


うん、うん、スゴい。たいしたもんだ。


で、そうなった動機が、、、「ニュー・シネマ・パラダイス」を観てシチリアへ行きたいと思ったから。


・・・ん?んーーー・・・・。。う、うん、まぁ、あの、アリ、か、な。ありあり・・・!そういう動機もあるさ!


ところが、この女性、いくら駅前留学してたとはいえ、シチリア島ともなれば同じイタリアでも訛りがあって聞き取れないうえにいきなり小学校で講師としての労働。2~3日して、「・・・・・・・・・・帰りたい。」とテレビカメラに向かってもらしてるんです。


・・・こらこら。夢はどうした。てゆーか、それぐらい下調べしとけよ。そもそもいきなり労働はキツかろう。しかも講師って。


で、その後に流れたVTRを見ると、、、職場は病院。てことはお年寄りを相手にすることが多い。絶対とは言いませんが、お年寄りはなかなか扱いが大変。「・・・んもぅ!」とかちいさく毒づいてる彼女。


そんなストレスフルな職場から一人暮らしのマンションに帰ってきたら、お手製のイタリアンパスタにワインといった夕食をとりながら「ニュー・シネマ・パラダイス」を観て涙する。。。


えー・・・・っと、結局、職場のストレスやらなんやらといった現実から逃げたかったのか?


この映画みたいなステキな世界がシチリア島にあると思ったのか・・・?


この女性、なんだかんだと文句タレながら最後まで留学をやりとげてましたけど、きっと二度と留学なんてしないでしょうね。。。


こういう女性が多いみたいです。おフランスやイタリアーンに夢いっぱいで胸膨らまして留学。が、現実はもちろんそんなに甘くない。そしてドロップアウト。


この番組のせいで大好きなこの映画が陳腐な感じに・・・


んにゃ!でも、好きです!


ふ と思ったのですが、この映画はイタリアーンに憧れている方々。(私は特に憧れてはいませんけどね)「アメリ」はおフラーンスに憧れていらっしゃる婦女子の方々に受けがよろしいかと。


そしていわゆる映画通と自称されている方々には受けがよろしくないかな、と。


なぜなんでしょうか?名作をコキおろすのが映画通?うーん、謎。


今年は(も)あ!という間の一年でした。子供を産むとこんなに月日がたつのが早いんですね。恐ろしいです(--;)


相変わらずつたない文章で読みにくい点も多々ありますが、来年もぜひよろしくお願いいたします☆


今から年越しそば食べます。では、良いお年を~~♪

スポンサーサイト

コメント

シチリアの田舎の方へ行くとかなり閉鎖的らしくて、外部の人間を全く受け付けない雰囲気があるそうです。
そして、マフィア。。。警官が“爆”殺されたことがある、ときいたことがあります。“爆”・・・(ーー;)
どんなトコロなのか興味は沸きますが行きたくないなぁ。。。なんて。

マフィアの故郷

シシリアといえば、マフィアの故郷。映画の中でも、ギャングが撃たれるシーンを見た観客の中のマフィアっぽいおじさんが倒れるシーンがありました。
黄金期の映画館の熱気やおどろおどろしさを見事に再現していたと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/73-5e2f24e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。