スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンダー・ワールド」 

アンダーワールド DTSエクステンデッド・エディション

ネタバレしております。


簡単なストーリーを・・・何百年と戦ってきたバンパイア一族と狼男の一族。ある日、バンパイアの女戦士セリーン(ケイト・ベッキンセール)は狼男一族が一人の青年医師マイケル(スコット・スピードマン)を追っていることに気付く。セリーンはその青年医師を探し出し、追われている理由を聞こうとしたその時、襲いかかってきた狼男一族のリーダーであるルシアン(マイケル・シーン)に青年は肩を噛まれる。それは彼がやがて狼男に変身することを意味していた。本来ならそこでバンパイアにも噛まれると死に至るのだが、彼は狼男一族が長年探してやっとたどりついた混血が可能な唯一人の存在だった。


えーっと、よくあるタイプの映画でした。


わかりやすく言うと、「マトリックス」と「Xメン」そして「ブレイド」、もひとつおまけに「ヴァンヘルシング」を足したような感じです。て、これまたわかりづらく言ってしまいました。なはは。


主人公の女戦士セリーンは「マトリックス」のネオ。でも設定はバンパイアなので「ブレイド」の風味。で、「Xメン」ほどの多種多様な変身はナイですが、狼男でちょっぴり変身シーンが味わえます。「ヴァンヘルシング」はK・ベッキンセール出てますのでおまけで。


ストーリーは「マトリックス」みたいに押し付けがましい難しさなんてなくて、ほんっとわかりやすいモノでした。


が、やっぱりツっ込みどころは結構ありまして、眠っている長老達を復活させる方法てのが「え?」てぐらい簡単。


で、その目覚めた指導者のビクター(ビル・ナイ)、実は、元は人間だったセリーンの家族を吸血したい欲求をおさえられなくて襲い掛かり全員惨殺してしかも、その罪を狼男一族がやったとセリーンにウソついてたなんて、万能な指導者かと思いきや、実はビッチなオヤジだったり。(我慢しろよ)


極めつけはどちらの一族の血をも受けて混血種が誕生するっつーシーン、要は青年医師のマイケルが変身するんですが、みてくれがデビルマンみたいだった。変身しながら「デぇービぃール!」とか言ってんじゃないかと思うぐらい。(破けた服はどうなってるの?)


と、残念ポイントはあるんですが、この映画、映像がウマい。というかキレい。雰囲気が出てて画は良かったです。が、とにかく暗い。映画館だと観やすかったんでしょうが家のショボいテレビで観たもんだから


「えー・・・?今ダレが走ってんのよ?・・・て、なんのアップ映像なんだよ?これ?て、噛まれたキズ跡かよ!わかんねー・・・」


とかブツブツ言う気持ち悪い私。。。いや、でも、ほんと暗すぎだって!


・・・まぁ、あの映画を全編、大物女優専用のライティング並にコウコウと照らして観せられちゃっちゃ狼男の変身シーンなんかただのコントになっちまいますからね。がおー、なんていっちゃたりして。


ふむむ、、あの暗さがキレいに観せるんでしょうね。


で、そのキレいな映像を撮った監督をちょっと調べてみましたら、レン・ワイズマンというお方。


「インディペンデンス・デイ」や「メン・イン・ブラック」、「ゴジラ」等で美術部門を担当しており、後にCMの演出。そしてMTVの製作を手掛ける。多数のMTV製作で才能をフルに発揮してこの映画の監督をすることになったそうです。


で!この監督、お顔が美しい。ヘタすりゃこの映画に出てるどの俳優さんより男前。S・ペキンパーといい、結構いるんですね俳優より男前な監督。


waizuman.jpg ←コチラが男前監督


と思ったら、この「アンダーワールド」で知り合ったのをいいことにK・ベッキンセールがいただいちゃったそうです。


て、K・ベッキンセール、この映画で共演してるルシアン役のM・シーンと長年付き合っててしかも2人の間には1人の娘がいてるハズ。。。


                  コチラがM・シーン→ maikeru3.jpg コワいです。


   じゃなくて素の彼はコチラ→ maikeru2.jpg ・・・・・・・・・・監督の勝ち。(辛口)


そりゃ、いただきますよ。おかわりだってしちゃう。K・ベッキンセールは素直な人なんですね☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/55-1c70cddc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。