スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マンボ!マンボ!マンボ!」 

manbomanbomanbo.jpg


あぁ・・風邪、引いちゃいました・・・。しかも、家族3人仲良くそろって。


もうこの季節、病院っていっぱいなんですよ。そんな場所へじっとしてくれない我が息子を連れて自分も風邪による関節痛でツラいってのにただひたすら順番待ちですよ。地獄だわ・・・


と、グチをひとくち。


そんな状態だから映画もロクに観れてません。し、観れません。しんどくって。


なのでコレは観るつもりなく観てしまいました(私の最近の映画鑑賞って大方そうなんですけどね。ははは。)


ストーリーは、、、プロのサッカー選手を夢見てる高校生のダミー(ウィリアム・アッシュ)は憧れの選手の「サッカーに必要なものはリズムだ」という言葉を信じてリズムを身につけるためダンス教室へ。そこで彼の目に入ってきたのはルーシー(ケリー・ラッセル)というお嬢様だった。ここからこの2人の物語が進んでいく。


一昔前のテレビドラマみたいなネタです。さして内容がどうとかありませんでした。(辛口)


ただ、なーんとなく観てたら、ひとシーンひとシーンが『青春』て雰囲気でついつい目を奪われてしまいました。


懐かしく感じるくらいベタな『青春』が心地よかったです。


で、今、ケリー・ラッセルという女優さんをちょっと調べてみたらアメリカのテレビ番組「フェリシティの青春」で賞をもらってるみたいです。テレビドラマみたいな雰囲気がしたのはだからかな・・・?


それと、製作総指揮にガブリエル・バーン。


G・バーンと『青春』・・・・・どんなに甘めなヒントをもらっても「連想ゲーム」のお題になっちゃった日にゃ、ぜったい大和田獏でも正解できないだろうな。(長いって)


もちろん壇ふみだってムリなハズ。(ひつこいって)


しまった、またこんな感想で終わらせてしまった・・・。


--------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/51-32b06962

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。