スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年 

あの大きな震災から20年が経ちました

私は当時付き合ってた人と、とある街で一緒に生活をしていて、この震災を経験しました

それは被災した街からは遠く離れた場所だったのですが

キッチンの食器棚の中の食器が全て放り出されて割れていた光景を見た記憶が今でも生々しくあります

すでに社会人だった私でも事の重大さがあまり実感出来なかったのに、当時まだ子供だったという人にしてみれば

実際に中心部で被災していなければ絵空事の様なものなのではないでしょうか

それはでもしようがのないことで

決して罪悪感のとらわれることではないのです

けども

現実にあの災害に見舞われて思いも寄らなかった方向へ人生を持っていかれてしまい、苦しみの渕に追いやられた人は

たくさんいたのです

いつまでたっても本当に理解出来ることは出来ないけども、やはり、起きた事実を真実のまま語り継ぐということは大事なのだなぁ、と実感するのですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/325-3f2d396e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。