スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイデンティティ」 

アイデンティティー コレクターズ・エディション

さらにさらに、引き(ry。。。。


次は「アイデンティティ」(ネタバレしてます)


わからん!なんだコレ?


しかもプチスプラッターじゃないかーー!スプラッター嫌い!ランドリーで生首ゴロゴロとかバット串刺しとか車でぺっしゃんこ・・・・・スプラッターいやーー!


そしてとにかく疑問盛りだくさん。


偶然集められた人たちの名前にアメリカの州名がついててみんな誕生日が一緒、て、ナニそれ。で、死体が消えたのはなんで?で、犯人があの男の子なのはどんな理由?なんで自分の親を殺すの?なんで?なんで?


出演者はジョン・キューザック、脳みそパックリレイ・リオッタ、レベッカ・デモーネイ・・・て、脇役さん大集合的なチョイス。(でも私は好きこのチョイス☆)


観終わってからダンナに「あぁ~、アンブレイカブルに続きまたやっちゃたよ・・・がっかり」なんて言ってました。


で、今日、感想を書くのにどう書こうか考えてたんですけど「書きようがねーよな~ワケわかんねーんだもんさ~」とふてくされながらネットで他の方のレビューを見ようと検索してみました。そしたら・・・


AsagaoさんのHPで“アイデンティティ”のレビューがありまして。。。


こちらを読ませて頂いて「そういうことか!」なんて手を打ってしまいました。ほんと目からウロコ~~。(←バカ)


そうなると一転しておもしろい映画!あ~~全てのつじつまが合う~~♪気持ちいー♪


実はどこかの書き込みで「ラストのどんでんがえしに仰天する映画は何?」という書き込みにこの「アイデンティティ」が挙げられていまして、私は単純に殺人事件を解いていくサスペンスだと思って観てまして、ラストの薄ら笑いを浮かべる男の子のシーンで「えぇぇぇ???この子が犯人???なんでーー?!」となってしまいました。


ま、今思えば、途中途中で出てくる囚人に対する医師の問いかけ(治療)のシーンなんかはまったく理解できてなかったな~。。。


「ジョン・キューザックは「ファイトクラブ」でいうところのブラピみたいなもんか」だけの理解。他の登場人物もすべてブラピだったとは思ってもみませんでした。


私って理解力ないぃぃ・・・がっくり


こうなったらもういっかい観てみよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/31-ee1db9af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。