スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボーン・スプレマシー」 

ボーン・スプレマシー

急遽ウチの息子が義兄家族のお家でお泊り。しかも翌日には姑が遊園地へ連れて行ってくれるなどというサプライズが発生

今まで“夜~翌夜”を自宅で子供ナシな状態で過ごせるなんてほぼ経験のないいや全くない私はそりゃもう浮き足立ちまくり!

さあ!さあ!なにする!自宅でのっぺりどろーんと溶けるとこまで溶けてやるか!?

いやいや・・・こんなときこそ!

映画館ちゃうのん!?ちょっと!めっさ久々ちゃいますのん!?

苦節三年(短っ!)子供が産まれてからは映画館で映画を観るなど全くもって出来ませんでしたぁぁぁぁ(号泣)

てことで

決定。映画館に行こう。

さっそく夜に調べる。

明日なに見よ~っかなぁぁ~~♪はは~ん♪(←浮き足立ってる)

・・・なんや、たいしたもんやっとらんなぁ(←毒)

大画面で見たほうがいいものっつったら、、、これやな。

ジミーちゃんシリーz・・、じゃなかった、ボーンシリーズ。

「ボーン・アルティメイタム」

これに決定

と・・・ちょっと待てよ

2作目観てないな

んー・・・

そのまま3作目を観るか、映画館で3作目を観る前にレンタルに駆け込んで2作目を借り鑑賞してからにするか

悩むこと数秒、後者に決定(即決)

そうなると約10時間で映画を2本観ることになるしかも映画館で観るとなると当然アルティメイタムは上映時間が決まってるっつーことで翌日のプランを綿密に立てる

朝※時に起きて※時から洗濯機回しつつツ○ヤへGO!細かい家事その他をサクと済ませ洗濯干し終えるまで約1時間強

今までにないほどのスピード

私すげー(←単に欲深いだけ)

そしてようやく「ボーン・スプレマシー」を再生









・・・

面白かった!!!

アイデンティティも結構スキだったけど2作目もいい!

いやーなにーもう

すっごい

かっこいい!!!

(ここからネタバレしますよ)



前半のボーンはマリーに精神的に支えてもらっているというちょっと弱い部分が垣間見える

メモを取りつつ悩む横顔なんて切ない

でもマリーを失ってから真実を追究することに全力を注ぐボーンは途端に表情が厳しくなって見ていて違う切なさを感じる

いいよいいよーさすが演技派俳優マット・デイモン

ただのマッチョ映画にさせないところがイイ!



しかし

2点ほど「おい!」と突っ込んだトコロあり

Q:1作目では明かされなかったボーンがなぜ子供に弱いのか。
A:暗殺した政治家夫婦に子供がいたことがショックだったから。

ぇぇええええぇぇ!!!だったら殺人マシーンに志望なんてそもそもしないだろう!!!

Q:とにかく画面の切り替えが多く激しく映像を揺さぶるのはナゼか
A:観客に臨場感を与えるためにワザと取った手法(監督談)

お お き な お せ わ !!! そんなわざわざ見づらい映像にされちゃっちゃただただ酔い止めを服用するべきか否かを脳裏によぎらせながらのアクションシーン鑑賞だったさ!!!

てな感じでした

2作目「ボーン・スプレマシー」を観終えた時点で午前11時半頃「ボーン・アルティメイタム」の上映時間は午後13時半

残された時間はあと2時間

急いで腹ごしらえと身支度を済ませ車で30分のシネコンへGO!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/263-d2c0b8ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。