スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どろろ」 

どろろ(通常版)

始めは訝しげに観ていたんですけど次第に「おお!コレ面白い!」


----------


まったくもって前知識を入れずに観ました


観終わってから


え?なに?原作あるの?ん?マンガ?へ~~、誰の?手塚治虫?ふ~ん


な感じ


手塚治虫てーと、鉄腕アトムとかメルモちゃんとか火の鳥くらいしか知らないししかもちゃんとストーリーを把握してるワケじゃない(恥・・)


あ、まてよ、なんか昔ダレかにすっっっごい勧められてしょうがなしに読んだ「ルードウィヒ・B」は読み進めるうちにものすっごい面白くなってきてがっつり数時間で読み終えてしまった記憶があるなぁそういえば


「だんだん面白くなってきて・・」は、この映画でも同じ感触


そうか、手塚治虫の描くストーリーは私には『だんだん面白くなってくる』ものなんだ


でも、ところどころ違和感・・・


と思って調べてみたら結構原作と違う部分が多いみたい


原作読みたいなぁ~~~明日本屋さん行って来ようかなぁ~


原作読んでから改めて感想を書きたい!と思ったのですがいつ原作を読めるのかわからないので映画感想だけをとりあえず書いてしまいます(だったら言うな、と突っ込んでおいて、と。)


えーと、感想ね、この映画は~・・・・・





面白かった!


あ、終わっちゃった(よくやるわぁこのパターン^^;)


や、感想はとにかくこの一言です面白かったんですハイ。


ただ、キャスティングにあれこれと思うこと有


主演の・・・妻夫木聡、、、いやいや主演じゃないんだった


主役はどろろ。


そのどろろ役は柴崎コウで、妻夫木聡は百鬼丸


でもストーリーの主軸となるのはどろろではなく百鬼丸でも主役はどろろでも主・・・∞


どないやねん


と思ってさらに調べてみると、アニメがテレビ放送されてた当時あまりに百鬼丸中心の展開だったため途中で「どろろと百鬼丸」というタイトルに変更されたそうです。納得!


で、妻夫木聡の話しに戻します


「好きな芸能人は妻夫木クン!」と言うのをよく聞きます


でも私は彼のモテぷりにイマイチついていけないところがありました


整いすぎてるお顔に魅力をあまり感じない


「マネキンみたい」と


でも


百鬼丸を演じた彼は


なんか


良かった(*´ー`*)


憂いを帯びた感じ、ボロボロないでたち。ニコニコ爽やか笑顔な青年役よりなんかどっかクセのある役の方がハマるかも


そしてどろろ役の柴崎コウ


彼女に対しては、口をあまり開けずに話すもんだから何をしゃべってもシューシュー空気が抜けてる音にしか聞こえなくて彼女が出演してるドラマを見てるととにかくセリフが聞きづらくてイライライライラ・・・・・な印象しかなかった(ちなみにボソボソしゃべるキムタクと共演したドラマ「GOOD LUCK」は見れたもんじゃなく1話の始まり3分辺りでギブアップ)



どろろの彼女は


なんか


良かった(*´ー`*)


演技指導でもあったんでしょうか・・(実力を認めないところが美人に対するネタみ)


で、なんといってもそうそうたる顔ぶれの脇


48の魔神に百鬼丸の体を生贄に差し出す鬼畜な父親、 武士の醍醐景光を演じるのは中井貴一


身体の48箇所を欠損した状態で産まれ川に捨てられた百鬼丸を拾い育てた呪医師の寿海に原田芳雄


百鬼丸やどろろに導を指す琵琶法師に中村嘉葎雄


他にチンピラ役で劇団ひとり、ふらつく占い師にきたろう、妖怪まいまいおんばに土屋アンナ、まいまいおんばを妻に持つ鯖目に杉本哲太、他に原田美枝子、瑛太などなど・・・


これぞなんにも考えずに楽しめる映画


面白かった


原作をいつか読みたい

スポンサーサイト

コメント

思った思った「どろろ・・・て」て(≧m≦)

続編ね3まであるみたいすよ・・
2はわかるんですけど3は何すんのよて感じですけど^^;

おはよ~♪

でしょ~、これねぇ。
私もね、観る前まで「どろろ・・・て」みたいに思ってたんですが、観出したら結構のめり込むみたいな作品でした。
妻夫木クンと柴崎コウに関するヨッシーさんのコメント、私も同じ!!!
ですが、本作においてはこの二人なかなか良かったですよね。
これ、続編あるんでしょうかね。
まだ半分しか取り戻してなかったでしょ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/256-332e266e

劇団ひとり

劇団ひとり| 出身地 = 千葉県千葉市| 生年月日 = | 血液型 = A| 活動時期 =| 活動内容 = お笑いタレント、俳優、小説家| 配偶者 =| 主な作品 = | 受賞 = | その他 =}}劇団ひとり(げきだんひとり、本名:川島 省吾(かわしま しょうご)、1977年2月2日 -
  • [2007/10/03 13:54]
  • URL |
  • ももかの部屋 |
  • TOP ▲

どろろ

醍醐の城ってハウルの城以上に、微妙なバランスで建ってた!今から40年前に手塚治虫氏は、すでに現代の人々へ向けての警鐘とも取れるようなメッセージを含めてこんな作品を書き上げておられたのですね。自身の欲のままに、我が子を魔物に差し出す父親・醍醐景光(中井貴一
  • [2007/09/04 09:08]
  • URL |
  • UkiUkiれいんぼーデイ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。