スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「UDON」 

UDON スタンダード・エディション

ふらーりと観てみました。


ふらーりと観たからでしょうか


身構えが無かったおかげで思っていた以上に良かったです。


キャスティングが特に。


ユースケ・サンタマリアはいかがなもんか、と思っていたのですがなかなかのモノでした(大物的発言謝謝)


他にも鈴木京香や小西真奈美、トータス松本、と本当にナイスキャスティングな面々だったのですが中でも香助の義兄演じる小日向文世が良い


この役者さんが出てる映画やドラマは「ちょっと見てみようか」と思ってしまう。


ミョーな安心感があります。


で、肝心の内容の方ですが


お父さんの存在があまりに薄いところが残念


無口で職人気質な父親の存在感を前半にもう少し感じることが出来れば後の展開でガッツリ感動出来たのに・・・


というか、いろいろと展開を盛り込みすぎて上がり下がりが激しく、頂点がぼんやりしていた感じです。


と、いくつか突っ込みどころアリなのですが面白いので「ま、いっか」といった感じ


最後に、ほっしゃんのうどん芸がまさか映画で見れると思わなかったのでそこは薄っすら嬉しかったです(うひひ)



ストーリー以外で感じた事は


とにかく


もう、


腹が減ることこの上ナイ!!!


グーだのキュルルーだのグキューだのと・・・!


というのも


私はうどんには目が無い


蕎麦より断然うどん


薄い色合いのダシに白いツヤツヤのうどんとネギとカマボコが浮かんでいるシンプルなものが特に好き・・・・・なんて文字にするだけでもヨダレがぁぁ(じゅるー)


普段あまり食べることの無い釜玉うどんなんかがガンガン登場


こちらもまた、な ん て・・・ウマそうなんだあ!!!


完全に胃液の分泌が制御不能になってしまう映像盛りだくさん


面白い映画だったのですがなんてったって食欲による反応の方が断然大きくて


感想っちゅーかなんちゅーか


もう


一言


「とにかく腹が減りました」


てことですよ

スポンサーサイト

コメント

いや
あの
その場面ね


涙腺ダダ漏れでした
ははは・・・

あ、コラ
「やられてんねんやん!」とか言わないの!

だってね、そこだけいきなりガツ!ときちゃって、倒れたあたりからグイグイ行きたかったなぁ、なんて言い訳をしておきますよ~おほほほ

でしょ!でしょ!

これ、腹が減る映画だよねぇ~ん♪
私は不覚にも、あのお父さんが「亡霊」となって給食を食べる子供たちを見守るシーンで涙しましたぁ。
やっぱ「うどん」は日本人のソウルフードですなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/244-9b9f1bf7

UDON

「田舎の“クチコミ”バカにしたらアカンでぇ~。インターネットより早い!」by庄介うっど~~~ん!良かったよ(´゚ー゚`)bこういう能天気でハイテンションな役って、ユースケ・サンタマリアにピッタリでしょ~!でもユースケの箸の持ち方なってない(ー¨ー;)その友人役
  • [2007/03/24 17:23]
  • URL |
  • UkiUkiれいんぼーデイ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。