スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イージー・ライダー」 

イージー★ライダー コレクターズ・エディション

あ゛あ゛あ゛あ゛・・・またやってもた。。。


この映画、合わなんだー・・(T▽T)ぁぅ


はぁー・・・・


ピーター・フォンダにしろ、デニス・ホッパーにしろ、どうしたって感情移入できない。


ジャック・ニコルソン演じる酔っ払いの弁護士が旅の途中で、自由がどうだこうだとペラペラそれらしいことをしゃべるけど酔っ払いの戯言としか思えない。


そんなこと言われても説得力がない。


てことで、こっちもやっぱりどうしたって感情移入できない。


『ドラッグ』を扱った映画で、クスリによる幻覚を映像にして神だのなんだのワケのわからん説教をタレてるものは好きじゃない。


気持ち悪い。


カッコ良く、ナイよ。全然。


そんな感じなもんだから、「ブリジット・フォンダって鼻から下がお父さんくりそつー」とか「この何年後に“アヒルちゃ~ん”になっちゃうんだろうホッパーさん」とか「ニコルソン、若い時は結構男前じゃーん・・・・あ、でも、やっぱり相変わらずキモーイ、クイっクイってなんだよー、ぷぷぷ。」とかまた ぼへーー とまっっっっったく感想にならんことを考えていたとです。ヒロs・・・いやいや、古すぎるやろ。


とにかく、こんな映画が示しているテーマなぞ理解できなくてもいいっす。


そんな私にはアメリカンニューシネマを理解できるだけのセンスがないようです。

スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます、温かーいですviva jijiさんv-238

むふふ。でも、こんなことも含めて映画は大好きです☆
だって、こんな感想を持ったあとに ぽ とスゴい映画に出会ったりして・・・
やめられないですよ~、中毒に拍車がかかっちゃいます(←M的発言)

でも、なんか、ウレしかったです(#^^#)

ヨッシーさ~~~~ん!

私でも観ないよ、いま、これ。
恥ずかしいもの。(笑)

映画は強烈にその時代を映すからね。
その最たるものでしょ、本作は。
この頃の映画はほとんどラリってるから常人じゃないしデニスなんてその旗頭みたいなもんだもの。

こんなんで映画キライになってしまったらほんと困るので「どんな映画が観たいのか」ヨッシーさんが映画に求めるものって何なんだろう?
「こんなのが観たい!」って希望があれば教えて下さい。
私でよければ探してみるけど・・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/224-06d14728

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。