スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢」 

夢

「こんな夢を見た」、真っ黒の画面に白い筆文字でこのフレーズがふらと現れる。


ふんふん、夢の話から始まるのね。(わくわく)


― 晴れているのに大雨の日、家の外を眺めている少年に母親が言った「こんな日は狐が嫁入りするの。だから外に出てはだめよ。狐は嫁入りするところを見られたくないの。見てしまったら大変な事になるわよ。」と。だが少年は外に出て見てしまう。木の陰に隠れて『狐の嫁入り』を。―


少年が隠れて見ていた場所の雰囲気は良し。和歌山の高野山のような荘厳で神秘的なあの感じに似ている。


うん、うん、画が素敵。


でも


『狐の嫁入り』するあの行列の動きが、なんだそりゃ。


まるで『ダルマさんが転んだ』みたい。あ、ちなみに、大阪では『ぼんさんが屁をこいた』です。こんな掛け声しながら子供たちが遊ぶんですよ。私ももちろん叫んでましたよ「ぼーんーさーんーがー屁をーこーいーたっっ!(クルっと振り向く)」なんつって。ダルマさんが転んだかどうかは動いたかどうかを見極めるこの遊びにかなり関連出来たフレーズですよね、でも坊さんが屁をこいたかどうかなんてどうでもいいことなのにね~。なんでこんなフレーズになっちゃったんだろうね~わははははは。


と・・・・・えーと、なんだっけ?


あ、そうそう映画映画。


ぉ、おほんっ。。。


それでも、この少年がこれからどんな展開を観せてくれるのかと期待を捨てずに見守っていると、、、


狐に見つかってしまった少年は、母親に短刀を渡されて「それで腹を切って詫びを入れて欲しいほど狐が怒っているわ。謝ってきなさい。許してもらうまで謝ってきなさい。狐の住家は虹の麓よ。」と言われる。


・・・ん?な?どう展開すんの?コレ?


と思った次のシーンが虹がパラーと輝いているところに少年がたたずんでいるというものでして。


ちょ、ちょ、何?


したら


また


「こんな夢を見た」とさっきみた同じ画面。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あららぁ?


あーららららららぁ~~??


やっちゃったかなぁ~~??


おやぁ~~~??


f?▽?;) ←こーんな状態になっちゃてる私を放ってずんずん映画は進んで行く。


どうやら全部ホントに夢の話みたいでして。


オムニバス形式で8つのハナシ、いや、“夢”が観せられ・・・いやいや、観ることが出来る。観せていただける。観せてたもれー観せてつかわすー観せてー観てーうがぁー・・・・・


グダグダや・・・。


て、グダグダにもなるっちゅーねん。だってさ、あのさ、確かにさ、夢の雰囲気はありましたよ。やけに淡々としているくせにありえないシチュエーションとかシュールなところ。


でも、よそのお宅の子の運動会の映像を見せられる事と他人の夢の話を聞かされる事ほどツマンネーものは無い!オメーに食わせるタンメンはネェ!


「私昨日さぁこんな夢見たんだぁ~~」から始まる話はほぼ2割くらいしか耳に入ってきません。


どんな内容であっても全て“夢”。結局、「で?」としか返事が返せない。


ということは、この映画も「で?」ということで。


この映画の製作にスピルバーグ、そしてマーティン・スコセッシはゴッホ役で登場。


あ~あぁ、もうさぁ、なんかさぁ、映画でもって説教されちゃってもさぁー困るんだけどさぁー、んもー、“巨匠”ってのに偏見持っちゃうぞー


あ、そうそう“巨匠”と言えば、気付いた点が1つ・・・この映画のラストに出てくる水草が透き通った川の中でそよいでるシーンって「惑星ソラリス」のシーンと似てるなぁー、と思いました。これ、黒澤監督がA・タルコフスキー監督に対するオマージュ?ならいいけど(いいか?)じゃなければ“巨匠”は皆、頭ン中では水草がそよいでるのか?なんて思っちゃうとがっかりポイント増量だよ。


とりあえず、カントクの名前で映画を選ぶのはもうやめよう・・・とぼとぼ。。。

スポンサーサイト

コメント

ね?ね?・・・こんなことやっちゃうんですよ私(TーT)ハハハ。。。

でもね、まだね、観る気はあるんです。
だから他の黒澤映画を録画予約しちゃってます。
コレを観たのが最初の最初じゃなくてよかった・・・(ぼそ)

ハハハハ・・・・

ごめん、ごめん。笑ってしまって。
ヨッシーさん、余りにも「スッコーーン!」って「夢」まで行ってしまうんだもの。(笑)
私は黒澤は「乱」以降はダメです。
巨匠って言ってるのは映画売れないと食べていけない人が言い始めただけですよ。映画監督、彼らだって普通の人間。ただ頭で構築したことを映像表現うまく出来る人間。
結論。
ヘンテコリンな映画も無いと「いい映画」が光らないでしょ?(笑)

むふふふふふ、、、ふぅ。。。

私はダメ。

監督運がついてなくて(TーT)監督で選ぶとイカンです。

kowa.shuさんはそういうのありませんか?
出演している女優で選ぶとダメ、とか男優だとダメとか。
あるいは脚本家がイカンとか。

「で?」ですか。
ヨッシーさん、挑戦してますね。
黒澤映画がどうかわかりませんが、
一人よがりの「?」の映画ありますよね。困ってしまいます。
それでも自分、映画を選ぶのは監督の名前ですけど、何か問題でも…。(コレが言いたかっただけだったり)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/219-44a7bbde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。