スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「惑星ソラリス」 

惑星ソラリス

なんかね、“「2001年宇宙の旅」と肩を並べる傑作”と評されていましてね、コノ映画。


私の生まれた1972年公開。私の生まれた、とかはどうでもいいっすね。


えーっと。


「2001年宇宙の旅」は今年の1月にCATVで初めて観まして、、、簡単に言うと、(・д・)・・・←こんな感想を持ちましたです。



こちらは、どうだったのか。


んー・・・・、、あ、もうわかっちゃいましたか。


そうです。


(・д・)・・・ でした。


て、感想、終わってもたやないか#


いや、もう、とにかくね、キューブリックに負けないくらい陶酔しきった監督の作った映画。


「オレって天才」。。。あぁゲンナリ。


分かりやすく言うと、親戚のオバちゃんに娘自慢ついでに「あ~そやそやこないだあの子ウマいこと踊ってやってんで~ちょっと見る?」とか言われて断りきれずに習い事のバレエの発表会の様子を撮影した映像を延々2時間45分見せられた感じ。


分かりやすく言うと、うわーどこら辺で切り上げたらいいんやろー困ったわータイミング難しいわーあと何分あんのコレーもうどないしょー、みたいな感じ。


分かりやすく言うと、せめてともチャン(親戚の子の名前)の番が始まってからの様子だけにしてくれればいいのに控え室の様子まで見せられんのかい、みたいな感じ。


分かりやすく言うと、いざ順番が来てみたら今度は引きの映像でともチャンがドコにおるのかわからへんっちゅーねん、みたいな感じ。


分かりやすく言うと、てもういいですかそうですか。


でもね。


ラストシーンではゾワゾワと鳥肌が立ち、危うく涙を流してしまいそうになりました。


不思議な映画、だけど、たぶん、もう観ない。


後に、製作がジェームズ・キャメロン、監督はスティーブン・ソダーバーグ、主演がジョージ・クルーニーといった顔ぶれでリメイク版「ソラリス」が2003年に公開されてます。


とりあえず、こちらは機会があれば観てみようか。

スポンサーサイト

コメント

ぁう・・・

褒めてくださってありがとうございまつ。。。(T-T)

もうね、高速道路のシーンなんて耐え切れずに早送りしました。
他に脈絡ナクいきなり顔のショット!とか盛りだくさんだったし。。。
今回もなかなかハイレベルな拷問でした。

ワォー~~、コレ、選んだかー!観たんかいな?ごくろうであった!

誉めてつかわす!ヨッシーどの!

一概には言えないと言われておりますがviva jijiだから一概に「言います」!

一般ピーポーにわからない映画を「芸術作品」と申します。
それを作った人を「芸術家」たまに「巨匠」とか言います。
「芸術作品」及び「芸術家」や「巨匠」を誉めたたえる方々を私は「変人ピーポー」と呼んでいます、はい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/205-86fb854d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。