スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モンスター」 

モンスター 通常版

「なぜ、愛を知ってしまったんだろう。」


この映画のキャッチコピーです。


“愛”を知ってしまったから・・・?


じゃあ、“愛”がアイリーンを『モンスター』にしたのか・・・・?


『モンスター』なのはアイリーンなのか・・・?


センセーショナルな実話。


映画にしたくなる気持ちはわからなくもない



あまりに救いがなさすぎて、映画本来の目的である『娯楽』ではナイ。


これは「ボーイズ・ドント・クライ」を観たときと同じ感想。


人は人として生きる権利をみんな持っているはずなのに。。。


ただ、息苦しい。


そんな映画だった。


『娯楽』として楽しむのであれば、アイリーンをモデルにしたもう一方の映画「テルマ&ルイーズ」の方がオススメ。

スポンサーサイト

コメント

マッキーさん
こちらこそ、ありがとうございます☆

アイリーンが逮捕される前に、似顔絵をヒントに作られた映画だそうです。

C・セロン、元モデルの根性を見せてくれましたよね~

コメント有難うございました!

「テルマ&ルイーズ」がアイリーンをモデルにしているなんて知りませんでした!勉強になります・・・

私も“映画は娯楽”と思っているので、娯楽性の強い作品の方が好きです。
でも、シャーリーズ・セロンの女優魂はさすがでしたね!

C・セロン、女デニーロですね。
アッパレ女優根性☆

ホント、この映画は全く救いのないモノでした。。。

わたしも、これ見ました。
シャーリーズ・セロン、どうしてそんなに簡単に肥ったり痩せたりできるの?
(簡単ではないんでしょうが・・・)
表情一つで、美人にも不美人にも見えるのね。
気をつけよう・・・と思ったのを思い出しました!

救いのない映画でしたよね・・・。

「テルマ&ルイーズ」はアイリーンが逮捕されてからたった数ヵ月後の公開なので、当時かなり話題となった連続殺人事件だし、恐らくまだ犯人は逮捕されておらず似顔絵が公開された段階での製作になったのでは、というハナシみたいです。
ハリウッドの“飛び付き”の速さには驚きです。。。

ひぇ~っ、ホント~?

『テルマ&ルイーズ』ってアイリーンをモデルにしてたの?!
オドロキ!!
あの作品は大好きなんです☆

確かに、あちらのほうが娯楽性高くって、とにかくラストはスカーッとしたなぁ。

それに比べて本作は、辛すぎます。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/181-33e2d7ba

モンスター

誰からも愛されることなく生きてきた女。生きながら死んでいた女。・・・アイリーン・ウォーノス・・・その人だった。犯罪を犯す人間のほとんどは、育った環境にあるといわれている。その意味では、アイリーンの育った環境はかなり劣悪だったと思われる。粗雑で、無作法な女
  • [2006/06/15 11:14]
  • URL |
  • UkiUkiれいんぼーデイ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。