スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狂っちゃいないぜ」 

狂っちゃいないぜ

雑誌やテレビなんかの『映画情報』、コレ、好きなんです。


ダンナはそんな私に「映画なんて前知識を入れてしまうと楽しみが半減する」と言うのですが


実は、映画の前知識を仕入れるのだけが目的だけじゃなく、そういったモノには私の好きな『ゴシップ』も添えられているから☆


日本のゴシップみたいにチマチマしてなくて、やや動物的で笑える内容の海外のゴシップ。


下世話で楽しいです。うへへへへ。


・・・・・と、おほんっ。。。


そんなワケで、未観の映画でも、大まかなストーリーはかいつまんで知ってたりします。



コレは題名とビリー・ボブ・ソーントンとアンジェリーナ・ジョリーが共演した、てことくらいしか知らず、内容は全く未知。


ちょっと調べればストーリーなどはスグわかりそうなほど知られた映画なのに。


なぜ未知だったのか。


理由:ビリー・ボブ・ソーントンが若干ニガテ。。。


理由の理由:色っぽすぎる。


そう、彼は、『ザッツ絶倫』


や、ま、あくまでイメージですけどね。


5度の結婚・離婚(だから絶倫・・・?)、この共演がきっかけで結婚に至った20歳年下のアンジェリーナ・ジョリーに「彼がハリウッドいちビッグ」(ナニが、です。)と言わせた、等からして付いた私の勝手なイメージ。


なんせ、私、ストイックな方に魅力を感じますので、そんなイメージの方をわざわざ観ようとは思うハズもなく。



タイトルの「狂っちゃいないぜ」(どうせB・ボブがむちゃくちゃ暴れるようなキャラじゃないのー?犯罪だの、オンナだの、なんだのとさー。。。)←勝手



さっきも言った様に、A・ジョリーが共演。(出たよーこのキャスティング。この2人で「ナチュラル・ボーン・キラーズ」みたいな映画になってんじゃないのー?そりゃ濃すぎるだろー。。。)←すっごい勝手



さっきも言った様に、この共演をきっかけに結婚した2人。



結婚していた頃の2人はどこでもいつでもベタベタ・ニチャニチャ・ブチュブチュ・・・と絡みに絡んで


おまけに


相手の名前のタトゥーはもちろん、お互いの血液を小瓶に入れたモノをペンダントトップにして肌身離さず持ち歩いていたり



かなり気色悪い2人だったのが印象に強くて、この映画の主演がジョン・キューザックだったなんて観るまで知らなかったくらいあえてこの映画の情報を耳に入れませんでした。


それをBSで放送してたので、タダなら、てことで観ました。


ええ、私のポリシーなんてそんな程度ですよ。


タダに勝るものはナシ。


ここまで長々と書いてきましたが、結局のところ映画はどうだったのか。


それが


結構、


面白かった☆あは☆


J・キューザック演じる、セコイ浮気夫にはかなりイラつきました。


こういう人を“とっちゃん坊や”って言うんでしょうか。


いい大人なんだから少年の心なんか持つんじゃないよ、と。


そもそも“少年の心”てなんだよ、と。


そんな風にイラついたってことは彼の演技にすっぽりハマってるんだな、と。


J・キューザック、彼のビジュアルは小動物の様な顔でデカいガタイ、と、「カワイイ系」なのか「男くさい系」なのかどっちやねんと突っ込みたくなるモノ。


なので決して「抱かれたい」などとは思わないのですが、俳優として魅力があるのでしょうかね。。。


あっちもそっちもと揃いも揃ってワラワラとこの世界で生きている兄弟姉妹の中で一番の活躍者じゃないでしょうか。


ウマい様に思います。


他に思ったのは、妻役のケイト・ブランシェット、いつもは魅惑的な役柄が多いように思うのですが、この映画ではキュートな印象を持ちました。


と、ここまで書いて気づいたのですが、『絶倫』だの『抱かれたい』だのと、「ストイックな男が好きだ」と言ってる割には欲求不満的発言の多い私。


何か悩み事でもあるのか、私よ。(遠い目。。。)


 

スポンサーサイト

コメント

J・キューザック、良い役者さんですよね~☆私も好きです。
そうそう、他の兄弟姉妹はさして似てるように思わないのですがこの2人は似てる!
アンジー、『ハリウッドいち』を知っていながら選んだ男はブラピ・・・
なんか、納得いきませんよ(--;)

ジョン・キューザック、好きなんです。
この映画の中の彼には、ちょっとイライラさせられましたが(^^;

ジョンと、姉のジョーンは瓜二つだと思いませんか。
昔「イン&アウト」を見たとき、てっきりジョンが女装しているものと思いこんで「実は、男でした」ってオチなんだろうな~、って最後まで思っていました。

だって、カタカナで「ジョン」と「ジョーン」なんて、同一人物と思うじゃないですか。
って、わたしだけでしょうか?(^^;

アンジェリーナ・ジョリー。若くして「ハリウッドいち」を知っているとは、さすが!
お見それしました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/169-ab71ce69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。