スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッバイ、レーニン!」 

グッバイ、レーニン!

登場人物の名前を再度確認しようと、ネット検索してみたんですよ今。


なんて便利な時代なんでしょう☆(びふぉーあf・・もういいか。)


と、そんなことはさておき。


そしたら、この映画のジャンル、『コメディ/ドラマ』て。


ええぇぇ・・・こ、コメディ?


うそーん。


コメディには思えなかったけどぉ。


だって、ジーンとはきたけど、笑うトコなんてなかったよぅ。


・・・・・・・・・・笑いのツボ違いすぎ。。。。


とと、、そう、コレ、“ジーン”ときましたよ。


レーニンてだけにドイツの映画でドイツの話。


心臓発作で倒れた母クリスティアーネは東と西が統一された事を知らないまま8ヶ月間、意識不明のまま入院。
そして奇跡的に目を覚ましたがショックを与えることは命に関わると聞かされた息子アレックスは東ドイツに忠誠心を抱いている母に東西統一の事実が一番ショッキングな事だと考えてあの手この手と統一前の環境を作る。


始終、“優しいウソ”をつくんです。


でも、いろんなとこで「それバレるだろ普通。」と突っ込みたくなるんですが。


微笑ましくはあるけども、“笑う”て感じじゃない、かなぁ。。。。


そして、母親を想って必死に環境作りを取り繕ってるアレックスを見て、“ジーン”となりました。


母が心臓発作に陥ったきっかけを作ってしまったのはアレックスなんです。だから尚更、心痛めて一生懸命に母の回復に努めるんでしょうね。


一方、姉のアリアーネはアレックス程の懸命さがナイ。でも彼女なりに心配ではある。


兄弟姉妹って一人が優しかったらもう一人はドライで。。。


私は一人っ子なので良くわからないんですが、親に対して同じくらい心配をしていても、心配の“しかた”がそれぞれ違うんでしょうね。


アレックスとアリアーネもそう。


子供を2人持つ親は、一度で2度味わえるんですね。2人以上だと何度もオイシイ。


といっても“心配のされかた”を味わうなんてイヤですけどね。


歴史にめっぽう弱い私にとっては勉強になった映画です。


国境があることにすでに疑問を抱いてる私にしてみれば同じ国が東西南北に分割されるのはもっと不思議。 


でも、分割された国で人生を歩んできた人は統一が必ずしも幸せとは限らないんですね。


ちょっと複雑な心理を考えさせられました。


連日、沸騰しまくってる私の脳みそを休めるような映画を次回は観たいと思います。

スポンサーサイト

コメント

J美さん
残念・・・TB失敗してましたか。。。
こちらこそ、これからもよろしくお願いしまーす☆

こんにちは!
どうもTBが反映されないようで本当にすみません。
そうそう!この映画はコメディ/ドラマですが、ぐわははっと笑えるような物ではなかったですね。コーラのシーンなんてヒヤヒヤしましたよ (^_^;)
それにしてもアレックス君の孝行ぶり。「男の子の方が母親に対して優しい」私の周囲では大多数の意見なのですが・・・この映画をみてそんな事も感じました。
リンクありがとうございます。私も早速リンクさせていただきますね。これからもどうぞ宜しくお願いします。

kowa.shuさん、いらっしゃませ~☆
コメントありがとうございます。
5月ですか!うちのイヤイヤ坊主と一緒ですよ~。ふふふ☆

て、そうなんです。。。どうも私はストレスが溜まってくれば溜まってくるほど映画を観てしまうみたいで、一種の『病気』ですねコリャ。

私も遊びにいきま~す

はじめまして

ヨッシーさん、はじめまして。
kowa.shuといいます。
自分も5月で2歳になる息子のぱぱです。
子育て大変なのに、すごい勢いで感想UPしてますね。
スゴすぎますよ。
「グッパイ、レーニン!」ちょうど観たかったんで、参考にさせてもらいました。
また遊びにきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/142-65de8063

グッバイ、レーニン!

時代は変わっても、心は変わらない ベルリン国際映画賞などさまざまな賞に輝き、本国ドイツでは歴代興行記録を塗り替える大ヒットを記録 グッバイ、レーニン!   2003年 ドイツ 監督 ヴォルフガング・ベッカー 1989年東ベルリン。テレビ修理店勤めの青
  • [2006/05/19 13:14]
  • URL |
  • みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。