スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エステサロン/ヴィーナス・ビューティ」 

venusbeauty.jpg


え、フランス人女性はこんなにお手軽に行きずりの関係を持っちゃうの?


それとも、この映画の主人公がそういう設定、てだけ?


ほんっとに行きずりにコンビニ感覚で見知らぬ男とのセックスを楽しむ40歳独身のアンジェル(ナタリー・バイ)。


「40歳には見えない」というのを自慢に思っている。


というのも、美容に関してはプロ。


彼女の仕事はエステティシャン。


日本でもエステティシャンの方って年齢不詳。確かにキレい。


でも、アンジェル、いや、ナタリー・バイ、40歳に、み、見えます、よ。


それどころか、もっといってる感が・・・


だって、この映画の時すでに50歳を過ぎてるようで、すいません、ムリが。。。


すいません、て、私があやまってどうする(ーー;)


とはいっても、キレいなんですよ。


で、恋愛に懲りたとかで、特定の恋人を作らない。


けど、セックスは必要。


てことで、オフィス街でひっかけるんですよサラリーマンを。


逆ナンパ。スゲー。。手馴れてるよ。。。


そんな彼女にヒトメボレしたっつー青年が現れる。


理由がよくわからんのですが、とにかく、「愛してる」そうで。


始めはそんな彼を信じられなかったアンジェル。でも、いつしか彼の愛を受け止めるようになる。


大筋はこんなところ。


で、アンジェルの周囲の人間模様をいくらかちりばめてあるのですが。


そちらの方が面白い。


同僚のエステティシャン、サマンタは男をとっかえひっかえしている。


もう一人の同僚マリーは50歳ほど歳の離れたお店の男性客と恋に落ちる。


このマリー、オドレイ・トトゥが演じてます。


この時21歳。若い。かわいい。


で、おっぱいおっきいですね彼女。(何を見とるんや)


お店の常連客がまたそれぞれ。


やたら日焼けをしたがるモデル並のスタイルを持つ女性。お店に来る時は、まっぱ(裸)にトレンチコートのみ。


「どやー」と前をはだければただの痴漢ですよ。


店の中でもまっぱで歩き回る。股間はもちろんグシャグシャとモザイクかかってます。


他は、オーナーがいなくなった閉店間際にかけこむニューハーフのお方。おひげを脱毛されてます。


大筋のストーリーはあんまり心に残ることなかったのですが(なんせムリがあって・・・)周囲の人間はなかなか面白かったです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/126-daab57dd

エステサロン/ヴィーナス・ビューティー【1999・フランス】

ビデオメーカー ヴィーナス・ビューティ ★★★★☆パリのエステサロン「ヴィーナス・ビューティ」で働く40歳のアンジェル(ナタリー・バイ)は、過去の恋のトラウマから、軽い恋愛を楽しんでいた。ある日、年下の男性アントワーヌ(サミュエル・ル・ビアン)
  • [2006/03/31 11:12]
  • URL |
  • Happyになれる映画を観よう♪ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。