スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山の郵便配達」 

山の郵便配達

良い映画

とっても良かった

郵便配達人、言うまでもないが郵便物を配達することが仕事

でもこの映画の配達人はとっても丁寧に、郵便物を受け取る人へ、差出人の温もり、を添えて配達する

時には“温もり”が込められていないと知ると自らの真心でもって造った“温もり”を添えて。

まるで

『ポストマンがただのポストマンに修まることなくいつしか民の間で崇拝されるヒーローとなる』そしてそんなストーリーが大好きなハリウッドがリメイク!

・・・みたいな感じですけど(っつーかK・コスナーの「ポストマン」てもしかしてそんな内容??見てないからわからないが)

もうね、全っっ然、違う(完全否定)

そんな陳腐な内容じゃぁナイ!!(はいここ注目ー遠まわしに毒吐いてるよー)

ネタバレします

郵便配達人をしていた父親の後を受け継いだ息子が、父と共に配達の仕事に出る。

息子は初めての配達の旅に出て最初の村へ到着したとき映画なんかでよくある『村人が大歓迎』な展開を想像していた。が、なんてことない皆いたって普段通り

息子はがっかりしながらも父は何年もこんなに地味な仕事を大変な思いをしてやってきたのかと現実を思い知らされる

そして私はさすがハリウッドのヒーロー映画とは違うわーと安心する

ハリウッド的展開→ヒーローの息子が来たっつーことで呑めや歌えのドンチャン騒ぎ・・・

だが、父子がその村を発つとき村人は長年通い続けてくれた配達人が父から息子に代わると聞き集まっていた

ただ、集まってくれていたのだ。

息子はそんなささやかな歓迎で父のやってきた仕事に、そしてこれから自分がやっていく仕事に、誇りと希望を持つ

そして私はやはりハリウッドのヒーロー映画とは全く違うわーと安心する

ハリウッド的展開→ヒーローの息子が来たっつーことで引き続き呑めや歌えのドンチャン騒ぎ・・・



あらゆるシーンで感じる

誰もが誰かのために何かをしてやってあげてるんだという押し付けがましさがなく、でも、みんな確実に誰かのために何かをして生きている。

夫婦、父子、母子、家族、地域、それぞれのあり方が本来こうあるべきだと思わせられる映画。

・息子の成長した姿に自分の若い頃を重ねて目を細める父親の心境、年老いた自分を背負って川を渡る息子の成長した背中を見た時の喜びと悲哀が入り混じった父親の心境

・息子の古い首筋のキズ、父が過去に崖から転落したという事故、知らなかった穴を埋めてく様

・仕事に追われた父は息子と同じ時間を過ごすことが少なかった為に今までお互いの過ごしてきた時の多くを知らずにいたが今回の配達の旅で共に歩きそして話し、 お互いの気持ちを知り合う様

アメリカ等ではあまり見かけない感情の動き、侘び寂びの様なものを感じる

アジア人だから詳細に感じることが出来るのかと思うと日本人でよかったとすら思える。



父と息子の話しばかりで展開されているようだけど決してそうではない

夫と妻、息子と母、というものもしっかり描かれていて

最初で最後の父子で共に歩く配達の道で、夫は息子を通して妻への愛情を再確認して、息子は父を通して母の偉大さを再確認していた

一番印象に残っている、息子が母から言われたという「山の人が山に住む。それが一番合っているから。」という言葉

当たり前過ぎてあえて頭で考えることもそうそうないけどこれ以上当然なことはない

一番合っているからそこに住むんだ、と。

ラストで、これから続けていく配達の仕事を父から受け継いだ息子は今までしてきた母の側で送る在宅の生活を父に伝授する

こうして父子の交代が成された。



旅行で日頃生活しているところとは180度違ったのどかな田舎町を訪れることがある

どんな田舎町でもそこで暮らす人がいればその人にとってそこは生活の場、人生を過ごす場。

それをじっとみていると不思議な気持ちになってくる

人の人生を約80年として、どんなに不便で刺激の少ない田舎でも80年という一生をそこで終える人がいる

都会の生活とどちらが幸せかなんてわからないけど

田舎であれ都会であれ「自分には、そこしかない」という生活が幸せなのかもしれないとこの映画を観て強く思った
スポンサーサイト

「イーオン・フラックス」 

イーオン・フラックス スタンダード・エディション

時代は今から約400年後

設定や街並みなどにSF要素がもりもり盛り込まれた映像

特に衣装にはもーりもり

今の時代では絶対普段着ではありえない、言うなればパリコレなんかでしか見ないようなヘンテコリn・・・未来的な衣装をまとった

シャーリーズ・セロン

この女優さん、元モデルというだけあってスタイルは完璧で言うまでもないがお顔もスバラシく美しい

なもんだからヘンテk・・・未来的な衣装までをも着こなしていてなんとも様になる

そんな彼女があまりに美しすぎて字幕を読まずただ映像を見続けてしまいました

これはBGMに使えますね

バックグラウンドミュージックならぬバックグラウンドムービー

午後のひと時お茶を飲みながら雑誌をパラパラそしてリビングのフルスペックハイビジョンでは音声をミュートにしてこの映画の映像のみを流す

なんてスタイリッシュ

・・・・・・・・・・

や、あの、、、すいません

ありえないです

我が家ではリビングと呼べるような部屋はなく、あえて言うならここがリビングかぁ?な部屋は子供の大好きなトーマスのオモチャがところせましと広がっていてしかもテレビは古いブラウン管のシロモノ

リビングというより完っ璧“居間”

そこでこの映画をバックグラウンドムービーだっつって流したところでなにをどうすりゃすたいりっしゅになるんだってんだ・・・ぶつぶつ

いかん・・なんかグチっぽくなってしまった

おや

内容には触れないのか、と?

あのね

あまりにテーマが壮大でね

それを1時間半の映画で表現しようと思うことにそもそもムリがある

というか、「映像化してみたらなんだかシラけたものになっちゃった」てな感じ

内容を楽しむのではなく映像を楽しむ映画

セロンのコスプレを堪能すべし

ただただ「美」、この一言

「グエムル -漢江の怪物-」 

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション

何十年も前の時代遅れまくりな映画をチョイスしたならそれは“時代遅れ”な扱いではなくむしろおっされーでツゥな感じなのに

びみょーに時代遅れなチョイスはなんだかダサい感じがするのはナゼなんでしょう


・・・


ダサいからなんだってのっっっ

ダサくったって生きてるのよっっっ


・・・


ダレに責められてるってワケでもないんですけど、ね、この映画がまさに“びみょーに時代遅れなチョイス”だったものでね、なんかちょっと的外れに逆ギれてみましたオホホ


とか雑談はこの辺にして。


はっはー!こういう展開だったんですね~

そうかそうか、公開当時観た人たちが口々に「ただの怪獣映画じゃないのよ!むっふー(鼻息)」となっていたのが理解できました

確かに“ただの怪獣映画”ではない

というか・・・怪獣映画などではなくこれはホームドラマですね

「ホームドラマ」

なんだかほんわか暖か~い居間でちゃぶ台囲んで家族団らんな響きで“怪獣”とは程遠い単語ですけど

この“ホームドラマ”の意味を調べてみましたところ

【家庭内に起こる事件を題材とする劇】

なるほど

ええ、この映画は間違いなく、「ホームドラマ」です。

ただちょっと居間でちゃぶ台囲むにはふさわしくないアイテムが登場するんです

それが“怪獣(グエムル)”なんです

ただそれだけです。

だから正しくは“ただ怪獣が登場するってだけで実はホームドラマ映画”・・・長っ

でもホント、怪獣は“ただ登場する”ってだけで(ま、インパクトある怪獣だから“ただ登場する”とは言い難いかもしれませんが)

要は大事な家族が誘拐されちゃうんですよ。だから怪獣ではなく誘拐犯に置き換えても成立するストーリーじゃないでしょうか

でもそれじゃぁ面白くないから怪獣にしちゃった~☆えへ☆ みたいな。

いや

面白くないってことはないかも・・・

だって家族の描き方が面白いもの。

間抜けだけど娘を溺愛してる父親にそんな父親をこっそりサポートする祖父、そしてアーチェリー選手の叔母にアル中の叔父

なにもかもやることなすことがズッコケで大事な一人娘がさらわれたという事の重大さが重く感じない

がしかし、節々で果てしない絶望感を味わわされる

キャスティングや設定はそのままで怪獣を誘拐犯に変えてしまっても充分楽しめそうな内容ではないかな、と。

しかし色々「ナゼ」がありました

その中でも特大の「ナゼ」→どうして娘は喰われずにさらわれただけなのか

漢江で襲われた他の犠牲者はガッツガツ喰われてたのになんでー?グエムルの巣でも生きてることがバレてても喰われてないのはなんでー?

いろいろなんでー?

と、

グエムル誕生のきっかけをつくったのがアメリカ人だったりグエムルに立ち向かっていくのがアメリカ人だったりそしてそのアメリカ人がヒドい目にあって亡くなったりコトが大きくなってから口を挟んでくるアメリカ国家だったり

韓国が思う“アメリカ”というのを垣間見た気がします

どこの国からも実は煙たがられてるけどいなきゃいないでちと困る・・・ジャイアンみたいな存在ですかねアメリカってのは

だったらドラえもんはどこの国だ?

ドラえもんみたいに何でも出来る国なんてあるのか?

何でも従う国なら言うまでもなく「日本」だと思うけど

それならドラえもんじゃないよなぁ~

むしろのび太だな日本は。

・・・は

また脱線してしまった

新年 

明けましておめでとうございます!!!

本年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

短いですが新年の挨拶っす!!!

おぃっっす!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。