スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どろろ」 

どろろ(通常版)

始めは訝しげに観ていたんですけど次第に「おお!コレ面白い!」


----------


まったくもって前知識を入れずに観ました


観終わってから


え?なに?原作あるの?ん?マンガ?へ~~、誰の?手塚治虫?ふ~ん


な感じ


手塚治虫てーと、鉄腕アトムとかメルモちゃんとか火の鳥くらいしか知らないししかもちゃんとストーリーを把握してるワケじゃない(恥・・)


あ、まてよ、なんか昔ダレかにすっっっごい勧められてしょうがなしに読んだ「ルードウィヒ・B」は読み進めるうちにものすっごい面白くなってきてがっつり数時間で読み終えてしまった記憶があるなぁそういえば


「だんだん面白くなってきて・・」は、この映画でも同じ感触


そうか、手塚治虫の描くストーリーは私には『だんだん面白くなってくる』ものなんだ


でも、ところどころ違和感・・・


と思って調べてみたら結構原作と違う部分が多いみたい


原作読みたいなぁ~~~明日本屋さん行って来ようかなぁ~


原作読んでから改めて感想を書きたい!と思ったのですがいつ原作を読めるのかわからないので映画感想だけをとりあえず書いてしまいます(だったら言うな、と突っ込んでおいて、と。)


えーと、感想ね、この映画は~・・・・・





面白かった!


あ、終わっちゃった(よくやるわぁこのパターン^^;)


や、感想はとにかくこの一言です面白かったんですハイ。


ただ、キャスティングにあれこれと思うこと有


主演の・・・妻夫木聡、、、いやいや主演じゃないんだった


主役はどろろ。


そのどろろ役は柴崎コウで、妻夫木聡は百鬼丸


でもストーリーの主軸となるのはどろろではなく百鬼丸でも主役はどろろでも主・・・∞


どないやねん


と思ってさらに調べてみると、アニメがテレビ放送されてた当時あまりに百鬼丸中心の展開だったため途中で「どろろと百鬼丸」というタイトルに変更されたそうです。納得!


で、妻夫木聡の話しに戻します


「好きな芸能人は妻夫木クン!」と言うのをよく聞きます


でも私は彼のモテぷりにイマイチついていけないところがありました


整いすぎてるお顔に魅力をあまり感じない


「マネキンみたい」と


でも


百鬼丸を演じた彼は


なんか


良かった(*´ー`*)


憂いを帯びた感じ、ボロボロないでたち。ニコニコ爽やか笑顔な青年役よりなんかどっかクセのある役の方がハマるかも


そしてどろろ役の柴崎コウ


彼女に対しては、口をあまり開けずに話すもんだから何をしゃべってもシューシュー空気が抜けてる音にしか聞こえなくて彼女が出演してるドラマを見てるととにかくセリフが聞きづらくてイライライライラ・・・・・な印象しかなかった(ちなみにボソボソしゃべるキムタクと共演したドラマ「GOOD LUCK」は見れたもんじゃなく1話の始まり3分辺りでギブアップ)



どろろの彼女は


なんか


良かった(*´ー`*)


演技指導でもあったんでしょうか・・(実力を認めないところが美人に対するネタみ)


で、なんといってもそうそうたる顔ぶれの脇


48の魔神に百鬼丸の体を生贄に差し出す鬼畜な父親、 武士の醍醐景光を演じるのは中井貴一


身体の48箇所を欠損した状態で産まれ川に捨てられた百鬼丸を拾い育てた呪医師の寿海に原田芳雄


百鬼丸やどろろに導を指す琵琶法師に中村嘉葎雄


他にチンピラ役で劇団ひとり、ふらつく占い師にきたろう、妖怪まいまいおんばに土屋アンナ、まいまいおんばを妻に持つ鯖目に杉本哲太、他に原田美枝子、瑛太などなど・・・


これぞなんにも考えずに楽しめる映画


面白かった


原作をいつか読みたい

スポンサーサイト

「ニューヨークの恋人」 

ニューヨークの恋人

白馬に乗った王子様かぁ・・・


実際に白馬に乗ってぱっかぱっかいわせながら「この手におつかまりください!」とか言って王子様が現れたら「ついに白馬に乗った王子様が向かえに来てくれたんだわぁぁ!!」なんつって瞳をキラキラさせながら手をつかむんだろうか~~☆キラキラ☆


 


・・・・・・・・・・て


 


ありえねー


逃げるな、普通


白馬に乗ってる時点で“珍しい人”だよいや“珍しい”じゃすまされないわ「なんかのお祭り?」なんて思うかも


しかも白タイツの王子様姿だったら普通に不審者だね。それかやっぱり「なんかのお祭り?」て。


それが


でも!!!


その白馬に乗って現れた王子様がヒュー・ジャックマンだったらどうよ!


グラグラグラグラグラグr・・・・・・・・・ ←動揺してる様


結論:不審者でもイイ!迷わず手を掴む!(断言)


ま、好みは人それぞれだとしてもこの映画に登場するH・ジャックマンは


ステキ!!!


「Xーメン」の彼はいろいろ突っ込みどころあったんですけどね(例:モミアゲなんとかならんのか等)


がしかしこの映画の彼は


ステキ!!!


まず、H・ジャックマン演じるレオポルドの置かれてるシチュエーション


過去から現在のニューヨークにタイムスリップしてきた公爵なのですが、公爵だから凛とした佇まいなんだけどなんせ全く知らない時代に放り出されちゃってるからなにかとオロオロ・・・


そんな姿を見てつい「なんとかしてあげたい」的な感情が生まれる


次に、モノホンの紳士!


そしてなによりも見た目が


ステキ!!!はいこれ3回目!


胸板が厚くて背が高くて清潔感があって、と、王子様の典型的なルックスなんです


アニメだ漫画だと絵空事で描かれた王子様はそれこそコントな感じが否めないのですがこれがいざ実写となると話は違うんだね!


あんなのが白馬ぱっかぱっかいわせながら登場したらもう間違いなく飛び乗ってるね馬に!


と、さっきから鼻息荒く王子様姿のH・ジャックマンのことしか述べてませんけどそこしか印象にないんですね要は^^:


相手役のメグ・ライアンは毎度おなじみのメグでした


あ、ちょっと違ったな・・・


なんかメラニー・グリフィスにくりそつでした


ストーリーは、ま、いうまでもない内容です。はい。ラブコメね。


 


ただ、ラスト。(ここネタバレしてます)


 


 


あれはハッピーエンドなんでしょうけど、なぜかそこだけ現実的な目で見てしまって「こんなしがらみだらけのお家にしかも時代をさかのぼってまで嫁いだ日にゃ後悔先に立たずじゃねーのか」、と。

夏休みの日記 

なんかいつの間にかこのブログの仕様が変わってて使いにくいったらないです(ーー#)

「更新しないからついてこれてないんじゃないのぉ~♪おほほほほほ♪」

みたいに上から目線で言われてる気分(ーー#)

くそぅ##

・・・ま

確かに更新の頻度はめざましく(?)落ちました

はは・・・・は(汗)

でも!!!なんだかんだで!!!

このブログ、6月で2年目をむかえました☆わーいわーいわー・・・

6月て・・もう2ヶ月も過ぎてなんなんですけど・・ね

はは・・は(汗)

オホンっ。さて、自分の怠慢さを露呈させたところで話を変えます

結婚してからほぼ恒例化されている夏休みの旅行なのですが

今年は、というか今年“も”海へ行ってきました

やっぱり『子供が楽しめるようなところ』にポイントを置いて考えると

温泉だのグルメだのは二の次になります

けどね、私はもうね、海や砂浜でね、あの殺人級の日差しにね、肌を晒しても大丈夫な年頃(どんなよ)じゃ決してないんです

なのにね、こんがり小麦色

それもね、こうね、キレいに、じゃなく・・・

肩ばっかりが黒い、とか足の甲ばっかりが黒い、とかムラのある焼け具合でこんがりと・・・(涙)

そりゃね、

まだ3歳の男児を、しかも“動きが止まる=寝てる”な男児を、悠長に日焼け止めクリームこまめに塗って日傘で長袖でスキンケアに余念なく相手など出来る

ワケがない!!!

いいんですもう・・・(T▽T)

去年の高知の荒波に揉まれた時はウチの“動きが止まる=寝てる”な男児が、“『物怖じ』なんて単語の存在すら忘れさせられる”な男児が、

「もううみはいらないの(怯)」

と言ったっきり砂浜でチマチマ遊び続けてた姿を見てトラウマとなってもう海では楽しめないんじゃないかしらと心配しましたが

今回、白い砂浜とザザーと音を立てる波を見て

「うみぃぃ!!ぃやったぁぁ!!うーっみ!うーっみ!」

と。

ま、ここまでのリアクションが帰ってくりゃ親として連れてきた甲斐もあった、てなもんですよ

でも

去年の“動きが止まる=寝てる”な男児にはありえない静止ぷりからすれば

我が子よ、お前には『記憶』というものはないのかい・・・

と軽く心配もしましたが

あまりに楽しそうに遊んでるので、良し、としときました

3泊4日の旅、行き先は全て海でしたがところどころにプチグルメも盛り込んでみまして

まず香川の讃岐うどん

映画「UDON」にも登場してあらゆるグルメ番組でも紹介されてる超有名店「山越」へ行って来ました

映画の中でも絶賛だったしグルメリポーターの“玉手箱やぁ~”なリアクションを見れば否が応でも期待はするもんです

ワクワクしながら注文(るんるん♪)

そして食す(ずずー♪)

で、感想

「んー、なんか知ってるわこの味」

美味しかったんですよ!すっごく。うどん自体にしっかり味がついてるしもちろんコシもあってダシも美味しかったんです!

でも、大阪でも食べたことある感じでした

やっぱり大阪にある食べ物屋さんてレベルが高いんだわ~と実感

ところがやはり、肉だの魚だのはその土地ならではの味がある

海の幸はたまらなくウマかったです(思い出すだけでヨダレが・・)

帰りは広島焼きを食べたのですが・・・これまた、どこかで食べた覚えがあるわぁ・・・と(^^;)

バタバタと過ぎ去ってしまったお盆休みですが今年も楽しい思い出が出来ました(二重丸♪)




「ザ・セル」 

ザ・セル

「コスプレが素敵」


とにかくこの一言に尽きる


ところでこの“コスプレ”の“プレイ”ってどういう意味合いをもつんでしょうか・・・て、愚問かコレ


私は、状況に応じることなく必要以上に凝った衣装をまとって悦に浸ること、と勝手に理解しております


そしてこの映画は↑のようなコスプレが満載


特に主演のジェニファー・ロペスは数々のコスチューム姿を披露してくれます


このお方、一時期とっても需要があったようですが私は彼女の良さがよくわからなかった


美人てわけじゃないし、スタイルはとにかくケツデk・・ごほごほ・・、演技も特に良いワケでもないし


てな感じで。


でもこの映画のコスチューム姿の彼女はキレイだった


 これがお目めパッチリで鼻筋通っててシャープなあごのラインでスタイル抜群な女優さんだったらロウ人形みたいで見とれることなく素通りしてたことでしょう


そう、私はJ・ロペスに見とれてしまいました



っっっごく


魅力的


ただ、演技の点はよくわからなかったです


というのも、ストーリーが・・・


児童虐待・猟奇殺人・精神疾患、と随分重いテーマを持ってきた割にはどれもこれもいまひとつ響いてくるものがない。そもそも脳内に侵入してどうこうするっちゅー近未来的な設定に現代でも問題視されてるこの重いテーマを当て込んだところで『抽象的』で『押し付けがましい哲学』みたいになっててわかりづらいだけ。それと、初めに登場するエドワードという少年、存在感があるのにストーリーにはほとんど関係してこなくて中途半端。


などなど・・・他にもいくつか残念ポイントがあってJ・ロペスの演技がどうだこうだいえない状態


とは言え、子を持つ母親の目で見れば虐待され続けてきた少年スターガーがキャサリンに抱かれながら安らぎを得るシーンは ぐ とくるものがありました


ま、結局このシーンで ぐ とこれたってことは十分この映画を楽しめた証拠でしょうかね


がしかし今回、ささやかながらも鑑賞を堪能出来たのは


猟奇殺人者スターガーにヴィンセント・ドノフリオ、その事件を追うFBI捜査官ピーターにヴィンス・ヴォーン、キャサリン(J・ロペス)の勤め先のスタッフにマリアンヌ・ジャン=パティスト、となにげに豪華なキャスティングが功を奏したのかもしれません・・・


ストーリーにもうちょい深みがあれば言うことなかったんですけど独特の映像とJ・ロペスの美しさだけでも十分見る価値はありました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。