スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「UDON」 

UDON スタンダード・エディション

ふらーりと観てみました。


ふらーりと観たからでしょうか


身構えが無かったおかげで思っていた以上に良かったです。


キャスティングが特に。


ユースケ・サンタマリアはいかがなもんか、と思っていたのですがなかなかのモノでした(大物的発言謝謝)


他にも鈴木京香や小西真奈美、トータス松本、と本当にナイスキャスティングな面々だったのですが中でも香助の義兄演じる小日向文世が良い


この役者さんが出てる映画やドラマは「ちょっと見てみようか」と思ってしまう。


ミョーな安心感があります。


で、肝心の内容の方ですが


お父さんの存在があまりに薄いところが残念


無口で職人気質な父親の存在感を前半にもう少し感じることが出来れば後の展開でガッツリ感動出来たのに・・・


というか、いろいろと展開を盛り込みすぎて上がり下がりが激しく、頂点がぼんやりしていた感じです。


と、いくつか突っ込みどころアリなのですが面白いので「ま、いっか」といった感じ


最後に、ほっしゃんのうどん芸がまさか映画で見れると思わなかったのでそこは薄っすら嬉しかったです(うひひ)



ストーリー以外で感じた事は


とにかく


もう、


腹が減ることこの上ナイ!!!


グーだのキュルルーだのグキューだのと・・・!


というのも


私はうどんには目が無い


蕎麦より断然うどん


薄い色合いのダシに白いツヤツヤのうどんとネギとカマボコが浮かんでいるシンプルなものが特に好き・・・・・なんて文字にするだけでもヨダレがぁぁ(じゅるー)


普段あまり食べることの無い釜玉うどんなんかがガンガン登場


こちらもまた、な ん て・・・ウマそうなんだあ!!!


完全に胃液の分泌が制御不能になってしまう映像盛りだくさん


面白い映画だったのですがなんてったって食欲による反応の方が断然大きくて


感想っちゅーかなんちゅーか


もう


一言


「とにかく腹が減りました」


てことですよ

スポンサーサイト

「きみに読む物語」 

きみに読む物語 スタンダード・エディション

愛し合った若い男女の物語を、ある年老いた男性がひとりの認知症の女性に読み聞かせる。こぼれ落ちた彼女の記憶を呼び戻すために


と、どこかで読んだ公開当時この映画を紹介する文章


“ある年老いた男性”と“認知症の女性”、前半はこの2人の正体はバラされることなくストーリーが進んでいきます


が、上記の紹介文を読めば“若い男女=年老いた男性と認知症の女性”という結論に至る


しかしそれじゃ簡単すぎる・・・いやいやなにかどこかに驚きのストーリーが・・・


なんてつい勘ぐってしまうのは悪いクセ。。。


ネタバレになるかもしれませんがはっきり言いましょう


もうこれ以上のストーリーはありません


ベタな展開です


2人の出会い、彼女へのドラマチックな彼のアピール、恋に落ちていく2人の姿、そしてその後の2人の関係、最後の展開・・・


何もかもが甘く切なくロマンティックで理想的


そんな内容に恥ずかしくて寒気を感じてしまう方は観ない方が良いでしょう


私は


それを踏まえてまでも、観て損はない


と思います


話はどちらか片方だけがクローズアップされることなくノア(ライアン・ゴズリング)とアリー(レイチェル・マクアダムズ)の人生が同時に進行していく


そして現在の“年老いた男性”と“認知症の女性”、この2人へ繋がってくる


確かに展開は簡単なのですが、年老いた2人の関係がはなかなか見えてこない


夫婦ならば若い2人はめでたく結ばれたということ、他人ならば人生のどこかで再会したということ・・・?


そんな疑問が頭の中全体を支配し始める頃にポンとひとつのシーンでそれは解明される


わかった瞬間は涙が出ました


驚くほど(恥)


そこからは今までの“青春”を感じさせる切なさとは違って“哀愁”を感じさせる切なさに変わってさらに涙


そしてラストの“奇跡”が起きたシーンでは


どうしようもないくらい涙が・・・


あれはホントに“奇跡”です


どんなに望んでもなかなか起きない“奇跡”


愛し合った2人が一番望む“奇跡”なのでしょう

あららら 

驚くほどの放置・・・私てば。。。


いや、映画は何本か観てはいるのです。



文章に出来ない。


脳がかなり緩いことになっております。


冬眠でもしようとしているのでしょうか私の身体は・・・


映画の感想をなんとか文章に出来る脳に戻ったら(冬眠から覚めたら)書きはじめたいと思っておりますです。ハイ。


ゆるりゆるりと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。