スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング 

そうそう、思い出した・・・。夜泣き対策で唯一、実践しなかったこと。


それは、ネンネトレーニング。


某有名育児サイトでも話題になったその名の通り“寝るためのトレーニング”。


『赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣』という本に基づいた方法で、簡単に言うと「獅子は我が子を千尋の谷へ落とす」てことです。・・・て、わかりにくいっすね


要はスパルタで。・・・て、これもわかりにくいっすね


ん~~・・・。と、泣き出しても放っとくてことです。コレ!そうそうコレ!


・・・いや、コレだと誤解を招くな。。。


確かに、泣き出してもすぐに手を差し伸べることはしない という方法なので放っとくっちゃ放っとくんですが。


しかし、当然ちゃんとした手順があって


まず基本的に別室で寝かせる。そう、赤子を1人で夫婦とは別の部屋に寝かせるんです。ここの時点でスパルタ臭がプンプンします。


次に、泣き出したら始めは部屋の外で3分待つ。(するとカップラーメンができあがr・・・)


そして部屋に入り声をかけるなりトントンするなりして落ち着かせる。その際、抱き上げることはダメでおしゃぶりや哺乳瓶、おっぱいもダメ。極めつけは、自分が部屋にいてる間に子供が眠りにつくこともダメ。自分1人で眠る為のトレーニングだから。びしっ!


ポイントは「あなたは一人じゃないのよ~お母さんもお父さんもちゃ~んとそばにいるわよ~だから安心して眠りなさ~い」ということをわからせるというコト。


そして長くても2分たった時点で泣いてようがわめいていようがかまわず部屋の外に出る。


もちろん赤子は泣き続けますよね。


すると今度は部屋の外で待つ時間を少し延ばして後は同じことの繰り返し。


これを延々とやるんです。待ち時間は最長10分。


そして1週間ほど続けて1人で眠りにつくことが出来て朝までグッスリなれば成功!と。


もう、超スパルタです。


ただし、あまりにも泣き続けるので抱き上げてしまったり、1日や2日でやめてしまった場合は失敗に終わるのでそうなると、確実に母子共に傷を残すそうで。


特に子供は泣き損です。


「いつもは泣いたらお母さんが抱っこしてくれてたのに今日は何で来てくれないの。わーん。いつになったら来てくれるの。わーん。と思ったら急に抱っこしてくれた。うわーーん!」と、なぜ泣き続けることになってしまったのかワケがわからないまま中断してしまうので「もしかしたら今日も泣いたって来てくれないのかも。わーーん!」とさらに夜泣きがヒドくなったりするらしいです。。。


我が子の泣き声に母性がどこまで耐えれるのか自分との戦いでもあります。であります!!びしっ!


と、そうとう根性入れないとなかなか実践に移すことは出来んな・・・とフゴフゴしてまい、結局やらずじまい。


でも!でもね、やっぱり、我が子が泣いてるのに放っておくなんて!出来ないと思うの!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・泣き声がうるさくて眠れないしさ~・・・よけいシンドイてば。。。


もっとラクなやり方ねーのかよー・・・ホジホジ。


注意:この記事に書いた方法は本の要点をかいつまんだものですので、実践される方は、本を熟読されてからにした方が良いかと思います。


注意書きが遅くなってしまってすいませんm(__)m

スポンサーサイト

引きこもり 


うたの夏風邪のため先週一週間まーったく外出せず。


今週は!今週こそは!外出しまくってやるぅぅぅ!・・・・ふぅ。


うたのブツブツ消えんとです(パクリすぎ)


手足口病てこんなにひつこいの?先週の火曜日に小児科へ行き、処方してもらった薬を飲み干してしまったので再度土曜日に行き「ク、ク、クスリ…クスリを~…」と言ったのですが「発疹は自然に消えるのを待ちましょう」とあっさり却下。


今週も引きこもりかよぉぅ。


て、私、実はもともとお家大好きっ子(っ子、て) ビバひっきー☆なのでもってこいの状況なのですが。


これまた出産を機に変わってしまいまして「外に出せー」っ子(だから、っ子、て)になってしまいました。


それは、産後1ヶ月は家でおとなしくしてないとダメで(あたりまえだ)しかもマタニティブルーなんつーややこしい精神状態で周りにはヘルプを頼める大人がいないという悪条件そろいまくりで荒んだ状況でした(精神的に)それが未だにトラウマになってしまっていて1日1回は外出しないと


「くーる!きっと来るーーー!!!」と貞子におびえるかの様に落ち着かないんです。我が家なのに。


それが1週間も!1週間も外出なしで!ああ!さらにもう1週間ですか!


呪いのビデオ作成しちゃおうっかな~ |||-_|||…


サークル 

私には社交性も協調性もないんです。と、初っ端からネガティブ発言ですが。。。


なので、部活動はもちろん女の子同士でのお付き合い連れションもしたことありません。


そう、私は友達が少なかったんです。でも、それでもよかったんです。だって十分楽しい青春時代だったとです。ヒロシです。


・・・が、しかし、自分の子供には友達たくさん出来てほしいと思うのが親ゴコロ。


だから母は頑張りました。(あ、また言ってる)


保健センターで行われてる「育児相談会」という名のママサークルや、支援センターや、図書館。その他、そこで産んでもないくせにある人気産院で毎週月曜日に行われてるママサークルに潜入してみたり。


とにかくいっろーんな所へ顔を出しまくりました。


それが功を奏して、今では近所に素敵な友達いっぱいデキタアルヨ☆


協調性も社交性もない私にまさかこんなに友達が出来るとは思ってなかったので、オフラインでの行動の前にオンライン上でまず行動を起こしてみたんです。種はいっぱい撒いておいたほうが。つーことで。


ネットでのママサークル探し。


見つけました。で、3つ登録しました。


・・・で、3つともフェイドアウトしました。。。


1つは根本的に性格が合わない。もう1つは前記のサークルの幹事がこっちに登録してる。最後の1つは管理人の怠慢による閉鎖。


二兎追うものは一兎をも得ず。そんな気分だったとです。ヒロシです。

はっちゃけ 



久しぶりの日記。


今までのを読み返してみると、なーんだか「かてぇな・・・」と思った次第です。(かてぇってば!)


というのも、初めてのブログ。ホームページなんてもちろん持ったことナシ!


つい「~ですよね」とか「~だったんです」など、見てくれてるかどうかわからないのに見てくれてる人がいるという前提の言葉づかいで日記を書くということが、ど~もこっぱずかしくて「~だ」とか「である」的な言い回しになってしまって・・・かてぇのなんのって!


なので、ここはひとつ、スパっとはっちゃけて(はっちゃけ、て)しまって「きっと誰かが見てくれてるんダワ♪」と思い込んで(言い訳ヒツこ!)書いちゃいま~す。うふ。


えーと、この10日間なにをしてたかというと、、、うたの看病です。


といってもただの夏風邪なのですが、「手足口病」なんて「うーん、なんて名前にするかな~。ま、手と足と口にブツブツが出来るから手足口病でいっか~☆」的な発想でのネーミングくさい名前の病気です。症状はまさに前記の通り。夏風邪の一種です。


今は軽く咳と、まだ発疹が消えてません。熱はもう出ないのでめちゃくちゃ元気です。


めちゃくちゃ元気なのに外に出れないので母子共にストレスたまってます。


まだあと、4~5日かかるそうなのでしばらく引きこもりです。くそっ・・・


あ、そうそう「水疱瘡」は信頼の置ける小児科の先生に聞くと「水疱の中の水が付着すると感染するけど発症前の2~3日は感染しないとは言えないけどもまず感染の心配は無いよ」とおっしゃておられました。


「感染したね!うん、したとも!」と大騒ぎして外出を控えていたのはなんだったのか・・・


今回の夏風邪で診察してもらったその小児科の先生に聞くまでアタフタしちゃったよ。ったく。


さてさて、この日記のテーマでもある「夜泣き」なのですが・・・実は・・・もう、すーっかり今ではなくなってます♪


このブログを始めた辺りではまだたまにヤラかしてたんですけどね~「ぎゃぁぁー!」と。夜中に。


ココ何日かはまーったく♪ナッすぃんぐ♪ぃえい。


けど、過去の苦しくつらかったコト思い出したらその都度、記録していきますのでよろしく(よろしく?)



ウマかった 


昨日の日記を読んでると、まるで夜泣きが完全に終わったかのような内容になってる・・・


『夜泣き奮闘記』なのに。


このブログもう終り?


いやいや、今、過去をさかのぼって記憶をたどっているところ。。。


 


昨日の日記の時点でうたは10ヶ月。産まれてから10ヶ月までうたも私も朝まで通して寝たのは3ヶ月の時に1度あっただけ。


うたは眠ってから1時間後、タイマーのようにきっちり1時間たつと起きる。今は「ふえ~ん」て感じで起きる。


そして夜中3時頃と明け方5時頃が起き時。


8ヶ月あたりが夜泣きがひどい頃で起きるときは「ふえ~ん」なんてカワイイもんじゃんくて、いきなりMAX!で「うぎゃぁぁぁぁーーー!!!!」と泣き叫ぶ。


どうやら本人は寝ながら、みたいで部屋の電気をつけて「起きろ~」と起こしてみると ハタ と我にかえってまたこっくりこっくりと眠る。


そして布団に横になるとまた「うぎゃぁぁぁーーー!!!」と。


それが30分~1時間ほど繰り返されるのが夜中の3時と明け方5時頃。


毎日、毎晩、こんな調子だった。


ダンナも私もこの頃はほんっとに参りきってしまっていて、「うっさい!」など暴言をはいてしまったこともあった・・・


「寝る気がないなら一生起きてろ!」なんて言ったこともある。(ごめんよ、うた)


出来ることなら「ああ、昼間の出来事を復習してるのね~。ウチの子は勉強熱心だわ~♪」なんて思ってあげたかったけど、ムリだった。(昼間の出来事を寝てるときに処理するのだけど処理しきれずにきぃぃ!となってしまって夜泣きがおこるという説がある)


それが鍼をしてからはだいぶマシになった。


初日の劇的な効果は今はもうないけど、それでも全然違う。


もっと早く行ってればよかったよ・・・ちきしょー!


10ヶ月のときにトータル10回連続で通って、それ以降は行っていない。


が、最近また、きぃぃぃ!となるので先日行ってきた。


そこは前回通った所ではなく、整骨院の院長である友達の旦那様に紹介してもっらた所。


1駅向こうなので通うにはちと遠いので前回は近くの鍼灸院だった。


古くからある鍼灸院で、院長とその娘さんの2人でされている様でほのぼのとしたいい感じのところだった。


院長のお孫さんがうたと月齢が近いとのことで随分やさしく接してくれた。


施術しながら世間話・・・


「1駅むこうからだと買い物はこの辺ではあまりしないよねぇ?」-院長


「いや~、こっちの駅近辺の方が安いので買いだめしにこちらまで来ますよ」-私


「あ、じゃあ、あそこのスーパーの肉、ウマいよ!今日、買って帰ってみ!」-院長


「うんうん、あそこの肉食べちゃうと他のは食べれないよ~!」-娘さん


「そ、そんなにっすか・・・?」-私


・・・もちろん買って帰りました


豚ステーキウマかったーー♪


病気 

友達のお子が水疱瘡に感染したとのこと。おとつい熱が40度出て昨日、発疹。今、自宅にて療養中。


水疱瘡は潜伏期間が2週間~3週間あり、発疹の2~3日前から全ての発疹が破けてかさぶたが出来るまでの間、感染力が非常に強い。と


・・・3日前に遊んだよね


うた、初大病決定。2週間後がドキドキです。


うたは予防接種を受けるような病気にはまだかかったことないけど、突発性発疹はキッチリかかった。


突発性発疹とは1歳前に発症することが多く、風邪などひいて免疫力が落ちているときに併発するようで、まず熱が40度近く出る。特徴的なのはそんなに高熱なのに本人は結構元気なこと。熱が昼間は下がって夜になると上がるを何日か繰り返してすっかり下がった頃にお腹と背中に発疹が出る。


ぶつぶつは皮膚の表面に出るわけではないのでさわっても立体ではない(んな情報はどうでもいいか)


初めての高熱だったのでかなーり焦った。


夜になると熱が出るので寝苦しい為、夜泣きはいつもよりヒドかった。


母乳っ子は夜泣きをする子が多いと聞いたことがあるけど、おっぱいに対する依存が強いんだろうな~・・・病気のときは不安だからこの依存心が倍増されちゃうんだろう・・・


赤ちゃんにとっておっぱいは精神安定の役割もある。


とりあえず、おっぱいさえ与えておけば間違いはない。


そう考えるとすごい。母乳、出てよかった☆ビバ母乳☆ビバおっぱい☆


しっかーし!うたの夜泣きはおっぱいもダメだった。がっくり。。。


そこで3つ目に試したのが小児鍼。


行われてる場所は、おじいちゃんやおばあちゃんの憩いの場『鍼灸院』


そう、お灸やら鍼(はり)やらがあるところ。


鍼とはいうものの小児鍼はほんとに針を刺すのではなく皮膚の表面を軽く刺激するだけ。ものの5分もあれば終了。かーんたん♪


ただし!病気で施してもらうワケではないので保険がきかない!院によって金額はまちまちだけど高いところで2000円近く安くても900円ほど。


共働きでちょいラクなうちの家計。それが育児の為私は休戦中。今は戦力がダンナしかいない。そんな家庭がそうそう通えるものではない。


「即効性なかったらツラいな~・・・」と思いながら行ってみた。


近所にあったのは知っていたけど入ったのは初めての『鍼灸院』。ドキドキ・・・


中に入るとスタッフが結構いる。しかも若い人が多いのね~ ふ~ん


名前を呼ばれて通された部屋は子供用の部屋みたいでおもちゃだ絵本だと、ところせましと棚にしまわれている。


すると、若いおねーさんがやってきた。白衣着てるけどアシスタントかな・・・?なんて思ってると、彼女が鍼灸師でした。


うたをオムいち(オムツいっちょ)にして、さあ始め!


まずはギターのピックのようなもので全身くまなくこすりこすりこすりこすり・・・


次にBCGのスタンプのようなもので軽くちくちくちくちく・・・


そしてちいさいトゲトゲのついたローラーでころころころころ・・・


最後にバイブでぶるぶるぶるぶる・・・


「これで今晩様子みてくださいね~」と軽く言って彼女は部屋を出て行きました。


あまりにあっけなかったので「今回もダメだろな~」と思いながら家路についた。


そしてその夜。。。


朝までぐっすりーーーー!!!


すげー!すげーよ!東洋医学すげー!いっぱつで効いたよ!わおーーーん!!と遠吠えしたのもつかの間・・・


効き目は一週間ほどで弱まりました。がっくり。。。


けど、弱くなったけど今まで試したなかで一番効果があったので、うたの疳の虫が出たときは鍼を施しに今でもたまに行ってる。


ビバ東洋医学☆

おっぱい 

私は粉ミルクを使わず母乳のみで息子を育てました。


これを母乳育児を推奨する助産師さんや産婦人科の先生に言うと、すごーーーく褒めてくれる。ぃえーい♪


でも、、、ただ単に出がいいだけっつーワケで・・・特に何か努力して出してるなんつーワケではなく・・・


いや、出がいいというか、むしろ、出・す・ぎ!


産後、入院中に母乳の出が良くなる様に看護師さんがおっぱいマッサージをしてくれる。そのおかげなのか退院の日にいきなりカンカンにちちが張り、とぴー!と乳首から母乳が飛び出しておりました。。。


妊娠前のレギュラーな状態でのバストサイズはそりゃもうお粗末なもので、母乳の出が良くないかもなんて心配してたが、それが妊娠中にもりもりデカくなり出産を期に一気に、ほるすたいーん!!となってしまった。


ふっふっふっふ。。。初めての谷間♪


♪て、見せれねーよ!胸元が開いた服なんていつ着るのさ?・・・ちっ。 と、まあ、それはよしとして。


退院してから、夜泣きとの戦いとは別に我がちちとの戦いが始まった。なんせどんどこ母乳が作られるもんだから常に張ってる状態。丸いはずのおっぱいは四角くなっていた。そしてかてーのなんのって!


「さあ、おちちだよー(ほのぼの)」なんて感じではなくて「ぅぅぅ・・・うたぁ、お願いぃちち飲んでくでぇー・・・」と、お願いするありさまだった。


母乳が作られるしくみのひとつとして『精神状態』が多少影響する。疲労を感じると出が悪くなったりする。


が、私の場合はつまる。


何が、というと『乳腺』が。


つまった乳腺はどうなるか。炎症を起こす。これが乳腺炎。


コイツがひじょーにイタイ!熱が40度近く出たりしてホントきつかった。


私はどうやらつまりやすい様で乳腺炎にトータル3度ほどなった。自分では手におえないのでおっぱいのプロにお願いすることにした。


おっぱいのプロ。なんかヤらしい・・・


じゃなくて、おっぱいのプロとは助産師さんのこと。


まず、保健センターに問い合わせてみた。「おっぱいのプロ紹介して下さい」と。


で、紹介してくれたのが昨日の日記に登場した“温灸を薦めてくれた知り合い”なのだ。


何をしてもらうかというと、溜まった母乳をマッサージして搾り出す。自分でも出来るがやはりプロがするのは違う。痛くないし、すごーくラクになる。


なので、そろそろつまりかけてきたか?となるとその助産師さんのところへ通った。


その助産師さんはベビーマッサージの講師もしていてベビーマッサージサークルを主催していた。


ベビーマッサージとはその名の通りベビーをマッサージするもので赤子とのスキンシップやその他もろもろの利点があるので(ぐぐってみるとわんさか出る)そのサークルに参加することにした。


まだうたが4ヶ月の頃だった。夜中の授乳で起きるけど夜泣きは始まっていない頃。


後で知ったがベビーマッサージは夜泣きにも効くとのこと。


うたは・・・1歳前まで続けたが夜泣きには効果はなかった。


が、これも温灸と同じでお風呂上りに100%ピュアオイルを使ってゆっくりマッサージしてやると気持ちよさそうにしていた。ふふふ。


してソンはないと思う。

頑張ったよ 

びっくり。いつも日記は3日坊主だった私が4日目の日記を書いてる。


と言うのも、『夜泣き』がどんなにツラかったか細かく記憶をたどってみると・・・結構わすれてる。。。


あーんなに大変だったのに。


これじゃイカン!さらに記憶が薄れてしまう前に記録しておかなければ!と、ここはひとつ3日坊主では終わらせるわけにはいかないと思って頑張ってみた。


しかし記録、記録となんでそんなに記録したがってるのか・・・?


将来うたに「ホラごらん。お前ってばお父さんとお母さんをこうやって毎晩たたき起こしてたんだよ・・・メ」と恨み言を聞かせるつもりか?


うーん、、、違う。


たぶん、私は頑張ったことなんて今までの人生で1度もない。だってぇ~すぐイヤんなっちゃってやめちゃうんだもぉ~ん♪


それが!こんなに頑張った!私ってスゲー!て言いたいから。と思う。あは。


頑張ったを連呼してるが何をそんなに頑張ったのか(また言った)


それは・・・私には『行動力』というものがナイ。解決しようとしナイ。のナイナイづくし(コンビ名ではナイ)


それがこと『夜泣き』をなくすためなら動く動く探す探す。ナイはずの『行動力』をささやかに発揮(ささやかかよ)


昨日はその1つ『ヒヤキオウガン』について書いた。これは飲ますだけなので実に簡単。問題はここから。


2つ目に試した『温灸』-おんきゅう-。


どういうものなのか簡単に説明すると、火の付いた線香が差込まれた15cm程のスティック状の筒(金属製?)で体をさすって温める。といったもの。


いわゆる民間療法で、万病に効く。・・・らしい。うさんくs・・・


いや、けど、私は実際に体験してみたが気持ちイイ!凝り固まった肩がほぐれたのは確か。


正確には温めて効果を出すのではなく線香の煙を体に吸収させることで自らの治癒力を上げる。・・・らしい。うさn・・・


いや、けど、ワラをもすがりたい気持ちだったので常日頃「夜泣きが・・・(T-T)」とグチを聞いてくれてた知り合いの勧めに少し乗ってみることにした。


民間療法なので資格などは特になく、道具(さっきのスティックと線香)さえあれば誰でも出来る。
が、その道具を手に入れるには“会員”にならなければならない。理由はよくわからないが。


そしてまず始めにその会長(?)の開いている教室へ体験しに行かなければならない。


ココまで聞くと「それって・・・乗っちゃマズいんじゃ・・・?」と思われるが、決して押し付けられるようなことはなくて最初に道具を一式貸し出してくれてそれで自宅にて実践し効果がなければ入会する必要もない。


ので、道具を借りて実践。


結果から言うと、1ヶ月試したが効果はなかった。


ので、返しました。もちろん入会してません。


でも、温灸をやってあげてるときのうたはすごーく気持ちよさそうでおとなしく煙をあてられていた。ふふふ。


その様子を見る限りでは、うたはたまたま効果が出なかったが効果が出る赤子もいるんだろう・・・と思った。


ただし、道具を買い取るのでかかるお金がちとお高い。しめて約3万5千円ほど。


返した理由はこれだったかも

とうとう 

梅雨入り。あ~~ヤダヤダ。


うたは最近すっかり外遊び中毒になってしまった。


1日家で相手をするだけじゃ夕方あたりからぐずるし夜も寝つきが悪い。


この季節をどう乗り切るかそこが戦い。ふーんぬ!


そして今日さっそく梅雨入り初日で一日雨。外出ナシ。


案の定、夕方から眠気がやってきたせいでぐずるし寝つきがヒジョーに悪かった。ノーン!


もともと、うたはぐずりっ子。カンが強い。


いわゆる『疳の虫』(てどんな虫?てよく聞かれる・・・昆虫じゃないのよ)


それは夜泣きにもつながるようで、世間一般でいわれる夜泣きが始まる時期-4、5ヶ月頃-にキッチリ夜泣きスタート!


最初はソレが夜泣きだなんて思わなくて(つか、思いたくない)「んー?ちちほしいのか?」とちちをやっては眠らせるを繰り返していた。


でも周りの友達は「朝まで寝てくれるようになった♪」なんて嬉々とした顔で話し(やがる)もんだから「・・・もしや・・・」と疑いを持ち始めていた。


それが『夜泣き』だとはっきりわかったのは、ある夜中いつもの様に「ぅやーん!!」と泣き叫んだのでちちを飲ませようと抱きあげて乳首をくわえさせて、・・・?くわえさせて、と・・・あれ?


くわえてくれない・・・!


ちちが効果ナシ!


それでもなんとか眠らせてしばらくすると・・・


また泣き叫びなんとか眠らせてはまた泣き叫び・・・(T-T)


で、「やっぱり夜泣きかよ」と確信を持った。


そこからは毎晩毎晩夜中になると「ぅぎゃー!」。


ちちが効果あるときもあったけど、まったくダメなときもあった。


それまでダンナは別室で寝ていたが朝になったら抜け殻のようにどろーんと起きてくる私を見て「一緒に寝て交代でお世話しよう」と提案してくれた。感激。


とは言ってもちちは母にしか付いていないので結局私はぜったい起きなくてはいけないのでした。おろろーん。


夜泣きに効くと言われるものはいろいろ試した。


手始めにやっぱり『ヒヤキオウガン』


これは結局効き目があるのかないのかわからないままに飲ますのをやめてしまった。


けど、漢方なので長い期間飲ませないと効果が出ないとチラと聞いたことがある。


次に試したものは説明が長くなるのでまた明日。

思い出 

今日はとーーっても暑かった・・・まだ6月なのに。

ついクーラーを稼動させてしまいました。反省。。。

部屋をしめきってラフな服装で涼しい風がながれてる そういう中で フ とフラッシュバック・・・

去年を思い出した。

猛暑のなかでの産まれたて。・・・過酷でした(T-T)

ウチは私側・夫側ともに実家にヘルプをお願いできない事情があるので、まさに夫婦水入らずで育児をスタートさせた。・・・過酷でした(T-T)

沐浴の仕方オムツの当て方へその緒の消毒方法はなくその取り方、、、これらのさまざまなお世話方法は「ひよ○クラブ」を参考に。

産まれたての赤子の頭元には「ひよ○クラブ」。

その頃の写真を見ると赤子と一緒に必ず「ひよ○クラブ」も写ってるの。ぷぷ。

数百円程の雑誌をあんなに擦り切れるほど読んだのは初めて☆

思い起こせば夜中に2時間おきに起きる(完母だったので)なんて尋常な生活じゃないよね~、けど出来ちゃうんだなコレが

いや~、母性ってスゴい。

だって家の前で大火事があってカンカンウンウンワーワー騒いでる中、一瞬も起きずに朝を迎えたことがあったくらい寝たら終了。な私。そんな私でもキッチリ2時間おきに起きれたもの

けど、猛烈な睡眠不足だった。いつも寝たんだか寝てないんだかなんなんだかよくワカラン状態でヘラヘラしてた。

眠れないというのはこんなにツライものなんだ、と身をもって実感。

ほんと人格が破壊さr(ヒツコイか)

おかげで、かいがいしく私とうたの世話をしてくれるダンナによくケンカを吹っ掛けていた。反省。。。(2度目)コレはいわゆるマタニティブルーてヤツで☆(☆て) これについては長くなるのでまたの機会に・・・

とにかく眠れない新生時期~3ヶ月。

3ヶ月。この頃に1度だけ朝まで通して寝てくれたことがあった。

ああ、あったな~1度だけ(遠い目)

そして4、5ヶ月。この辺りからやって来ましたヤツが。そう『夜泣き』!

今はだいぶ、いや、ほとんど夜泣きしなくなった。

でも1度は起こされます。うたは恐ろしく寝相がよろしくないので

とは言っても泣き叫んで起こされるのと「がいん!」とどこかにぶつかる音で起こされるのとではワケが違う。

あの頃に比べたら今はラク。

だからちょっとずつお気楽毎日を送れつつあるので忘れかけてる。あんなに嘆いていたのに。

だもんで、ちと記憶をたどってみよっと。

始まりー 

ブログなんて持ってみたりなんかして♪


初めての育児。妊娠中は「育児日記なんて書いちゃおうかしら~ん♪」なんつーお気楽気分満開だったんだけど、イザ産んでみると・・・それどころじゃございまっせーん!


ちち→シッコ→寝る→ちち→ウンチ→寝る∞とすさまじい回転率!


あいまあいまに「泣く」しかも大声で「泣く」が入るから、子持ちの友達が「自分の時間なんて無くなるわよ~(含み笑い)」と言ってた本当の意味がわかった。


自分の『ための』時間が1分でもない!


と、それでもなんとかやってきた。子供の笑顔はやっぱり天使♪かわいくてしょうがない。


ただ、このブログのそこここに書かれているキーワード、夜・泣・き。


コイツにだけはマジでまいった。


なんせ、眠れない。一睡も出来ないワケじゃないけど細切れに起こされる。がおー。・・・睡眠不足って人格が破壊されちゃうんだね(ぼそっ)


で!最近やっと少し落ち着いてきたので(育児も夜泣きも)ここら辺で、どうまいったのか過去をさかのぼって(までも)記録したくなって、ブログ、持っちゃった♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。