スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みなさん、さようなら」 

みなさん、さようなら

言葉の “音” に気を取られることってあんまりないんですけど、今回のこの映画で耳にしたフランス語の“音”がものすごく聞き心地良かったんです。


フランス語なんて全くわからないのになんでだろう・・・?


不思議な感覚~☆


・・・なんて、これじゃまるで映画の内容の方には気が向かなかったみたいですが。


そんなことはないんですよ。


だってコレ、なかなか入り込めました。


フランス系カナダ人のセバスチャンはロンドンで証券マンとして成功していた。ある日、母親から父親の重病を知らされて婚約者と共にカナダヘ帰国する。浮気ばかりして家庭など顧みたことのない父親の最期を知って、息子は複雑な心境に陥りながらも父の願いを叶えるために様々な行動に出る。


放蕩モノの父親と真面目な息子の関係がよくある設定の割には、飽きることなくなじめます。


息子のセバスチャン役のステファン・ルソーという俳優さん、知らないのですがなんかウマいっす。


感情をムキ出しにすることはほとんどなく、常にクール。


でもわずかな表情の変化が良い。


思いっきり感情移入出来ました。


というか、この映画に出演されてる俳優さんは全くシリマセン。


それが良かったのかしらん・・・余計な雑念なく観れました。


最期をいよいよ感じた時に口にした父親の言葉、、、


「怖い。死ぬ理由がまだみつからない。」


そうか、理由が、欲しくなるのか・・・『死ぬ理由』が。


考えたこと無かった。


“余命”なんてわかっちゃったら、こんなことばっかり考え出して恐怖でおかしくなりそうだ。。。


“死”をテーマにしている映画なんだけど、全く重くない。


むしろ、雰囲気は悲哀を含みつつも和気藹々とした感じの良いものでした。


父と息子の関係を軸に母親の存在や娘の存在を巧く絡めて、脇に登場する父の友人たちの確立されたキャラクターや、もう一人の重要人物であるナタリーが父の昔の浮気相手である古い女友達の娘、というところが意外でもあり納得も出来るムリのない関係で、丁寧に作られている映画のように感じました。


しかし、そうは言ってもテーマは“死”。


ラストはやはりシミジミと来るものがありました。


「お前の様な息子を作れ。」


すごいセリフだ。


いつか私も自分の息子に言ってみたい。

スポンサーサイト

「メルシィ!人生」 

メルシィ!人生

いきなりですが、私、「釣りバカ日誌」とか「男はつらいよ」とか「水戸黄門」とか、結構スキです。


登場人物の性格設定がベタ。展開もベタ。ラストは必ず感動、なところもベタ。


でも


単にベタなだけじゃなくて、ハナシは良く出来てる。


昔の「吉本新喜劇」もそうでした。大好きだった「あっちこっち丁稚」。


いわゆる人情物語で起承転結が分かりやすい。


この映画はまさにその類。


もしかすると、退屈に感じてしまうかもしれない使い古された手法。


でも、私はそれに馴染みがあってスキ。


だからこの映画はとっても面白かったです。


主人公のピニョン(ダニエル・オートゥイユ)は真面目だが面白みのない男で、妻に逃げられ息子にはバカにされて会社では“透明人間”扱い。あげくにリストラの標的にされてしまう。


そんな自分の人生に失望して自殺を思い立ったところで出合った隣の部屋に住む年配者による助言と協力でクビを撤回させることに成功。


その助言とは、ホモであるとカムアウトすること。 だが、ピニョンはホモではない。ホモのフリをするのだ。そして隣人は男同士のキワドイ写真にピニョンの顔を合成したものを会社に送りつける。


ピニョンの勤め先はゴム製品を作っている会社。一押し商品はコンドーム。同性愛者にも愛用者は多いこの商品。。。


ホモをカムアウトしたピニョンをクビにすると、同性愛者だからクビにしたと世間に勘ぐられて会社の商品の愛用者である同性愛者達に嫌われることになる。そうなると会社の将来に影響してくる。


というワケでクビは撤回。


これでめでたしめでたし☆、、、とはもちろんいかず。


ホモだと嘘をついたおかげでピニョンの周囲の人々に大きく変化が起きる。


そして彼の人生も大きく変わる。。。。


えーっとぉ、


脇の登場人物を「釣りバカ日誌」に置き換えてみるとー


彼の唯一の理解者の隣人ベローヌ(ミシェル・オーモン)がスーさんでー


ピニョンに幼稚なイジメをする人事部長サンティニ(ジェラール・ドパルデュー)が鈴木建設の重役のダレかでー(ダレなんだよ)


皆が色眼鏡で彼を見る中、皆とは違う意見の彼の上司ベルトラン部長(ミシェル・ラロック)がみち子さんでー


・・・・・・・・・・て、わかりにくいですか、じゃあ「水戸黄門」に置き換えてみるとぉ、、、あ。迷惑ですか、そうですか。


とにかく。


登場人物がみな馴染みのある愛すべきバカばかりで題材はゲイなのにイヤな感じがしない。


なにより、どうしようもなかった主人公がみるみると瑞々しくなっていく様はホント、「メルシィ!人生」だ。


ラスト付近で彼が未練タップリだった元妻に言い放つセリフにたまらなく爽快感。


そしてあのラストのベタぷりも最高☆


久々に、思いがけず良い出会いをしました。

「Mr.&Mrs.スミス」 

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

今回はかなり下世話で不純な目にて鑑賞。


2人が目を合わせる。肩を抱く。寄り添う。抱き合う。キスをする。そして・・・・


そこらへんのシーンはぜーんぶ「マジやろオイ。」 と、突っ込み満載で。


この映画の撮影中はブラッド・ピットとジェニファー・アニストンはまだ夫婦でした。


でも、子供を熱望していたブラピに対しジェンはまだキャリアを優先したい、などの意見の違いで若干仲が冷めつつあったようで。。。


そんな状態でアンジェリーナ・ジョリーとの共演。


そりゃぁ、ねぇ・・・・


撮影当時まだ29歳にしてあの強烈なフェロモン。


そばにいる女にすぐ影響されちゃう単純なブラピ。強烈なアンジーにコロっと行かない方がおかしいよ。



20060713230706.jpg 


↑影響された歴代。

と、映画のハナシに戻して。


夫婦役の2人はアンジーが強気な妻でブラピが尻に敷かれてる・・・実際、プライベートでもこんな感じぽいからそこんとこだけやたらシックリ。


で、


ストーリーなんかはこの際どうでもいいです。


だって、アレコレ言い出したらキリがない。


とりあえずこういう映画は突っ込むのはムダ。


なので、みどころは2人のコスプレ。


アンジーの白いドレス、シーツにくるまれた姿、身体にピッタリフィットしたタイトな普段着、ボンテージ姿、深くスリットの入ったドレス、男物の白いワイシャツのみ・・・など


ブラピは胸板が厚いのでスーツ姿なんかは映えます。他は・・・・・・・・・とりあえず、クチをまず閉じないとバカっぽ・・・むぐむぐ。。。。


他は・・・んーと、えーと、あ。


特に書くこと無いです。


けど、この2人の子供が誕生しているという事実を考えると、夫婦役というのがやけに生々しい。


しかも


先日ジェンが婚約を発表しましたね。


ヴィンス・ヴォーンと。


ヴィンヴィンも出てましたねブラピの仲間役で。


職場でパートナーを見つけるのが常なこのハリウッド。


スワップな状態がアッチコッチで・・・ >下世話な目の私


あ、そうそう。ミシェル・モナハン出てたようなのですがナニ役?


壊れたパソから買主をつきとめた彼女がそうなのかな~。。。


トム様映画より先にコッチに出演してるから若干おバカ慣れしての、「M:i:Ⅲ」なのかも。

「M:i:Ⅲ」 

20060709231802.jpgやぁ!


たまたまタダで観れる機会があったので、今回はめずらしく新作。


オー!ィエー!ビバ☆無料☆(ブイッ)


でも・・・・・


フトコロ痛めて観てないからなのか、それとも、これでもかと言わんばかりのザッツ!トム・クルゥーズ!!振り返って白い歯キラーン(ニコ☆)な彼の“ため”の映画だったからなのか・・・


もうすでに、頭に残ってません。。。


アクション映画は嫌いなワケじゃないんです。


ないんですけど、私にとって“大丈夫な映画”か“ムリな映画”か決め手は激しく展開されていくシーン。


それは“アクション”だから当然。


でも、問題はカメラワーク。


動き回る映像に目がついていかなくなっちゃうと、もう楽しくない。


「ハァ!?・・・ナニこれ?なんのアップぅ?何してるところなん?ダレがダレに向かって撃ったんよ?画面動きすぎてわからへんわ##」


てな感じで。


私にとってこの映画のアクションシーンはまさしく↑な状態でした。


もっとスマートな映像だったらなぁ~・・・


はぁ~・・・


イマイチだったなぁ~・・・


とりあえず。


主演は言うまでもなくトム・クルーズ。


で、悪役にフィリップ・シーモア・ホフマン。この人を見てると首筋に悪寒が走るのです。でも嫌いじゃないんですよね~なんだろうこの感じ。そう言えばケヴィン・スペイシーにも同様の感触アリ。


他に、トム様の上司に「マトリックス」のローレンス・フィッシュバーン、補佐官役にビリー・クラダップ。


トム様の仲間に「M:i:Ⅰ」からの出演者ヴィング・レイムズに初登場のジョナサン・リース=マイヤーズとマギー・Q


後輩役でケリー・ラッセル。この女優さんは監督のJJ・エイブラムスが手掛けたテレビドラマ「フェリシティの青春」の主役をやっていた女性です。


そして今回、大抜擢されたのが無名のミシェル・モナハン。トム様の恋人役。この恋人役には元々スカーレット・ヨハンソンにオファーがあったそうなんですがトムの奇行に恐れをなして降板したとか・・・ただのウワサとは思えない。激しく納得だよ。アレは怖いって。うんうん。



ストーリーなんですが、途中でダレの企みかわかっちゃったりしてガッカリでした。。。


そしてあのラスト、まさか・・・シュワの「トゥルーライズ」な展開で今後進めていくんじゃないでしょうねこのシリーズ・・・


そうなったらなったでアッパレだけどさ。

「モンスター」 

モンスター 通常版

「なぜ、愛を知ってしまったんだろう。」


この映画のキャッチコピーです。


“愛”を知ってしまったから・・・?


じゃあ、“愛”がアイリーンを『モンスター』にしたのか・・・・?


『モンスター』なのはアイリーンなのか・・・?


センセーショナルな実話。


映画にしたくなる気持ちはわからなくもない



あまりに救いがなさすぎて、映画本来の目的である『娯楽』ではナイ。


これは「ボーイズ・ドント・クライ」を観たときと同じ感想。


人は人として生きる権利をみんな持っているはずなのに。。。


ただ、息苦しい。


そんな映画だった。


『娯楽』として楽しむのであれば、アイリーンをモデルにしたもう一方の映画「テルマ&ルイーズ」の方がオススメ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。