スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々すぎる 

更新しなさすぎ。

しょうがないんです

理由がちゃんとあるんです

というのも・・・

そうです

産みました

8月21日に。

3438グラムの女の子

予定日は23日で2人目ということもあり「いつでも来い!!!」という姿勢でここら辺は過ごしておりました。上の子は幼稚園が夏休みということもあってダンナの実家でしばらくお泊りさせてもらったりして。

とにかく腹がめちゃくちゃデカくて重くて暑くて「早よう出て来てくれぇぇぇぇ・・・・・」な状態でして・・・
男の人にはわからないでしょうけど、ほんっとしんどいんですよ妊娠後期って(涙)

上の子が予定日より1週間も早く出てきたというのもあったし2人目だしやたらデカいし(関係ナイ)こらぁまた予定日より早く出てきてくれるかもなどと根拠なく決め付けて上の子の幼稚園の予定などをなんとなく立ててみたりしてたんです



待てど暮らせど出てこナイ。。。

もしや予定日過ぎるとか・・・と一気にガッカリ感に見舞われた頃

その日は朝からやたらお腹が張りまして

予感しました「今日来るな」と

したらジワ~と鈍痛

そしてその痛みがなんとなく5~6分間隔でやってくるのを確認してから病院へ電話

私:「どうやら陣痛が来たぽいんです」

助産師:「では入院の用意を持って病院へいらしてください。お家はお近くですか?」

私:「はい。車だと5分かからない距離です」

助産師:「そうですか。ん?まさか運転して来るなどなさらないでしょうね~あはは~」

私:「・・・・・」

助産師「ええ!?ダメですよ!もしなにかあったらどうするんですか!誰かに付き添ってもらうかタクシーでいらして下さいね!」

私:「付き添いとかいないんです(小声)すぐの距離ですのでぇ・・・(極小声)」

助産師:「わかりますけどダメですよ!」

私:「・・・あぁ・・・えと・・・なんとかして行きますぅ・・・(ぼそぼそ)」

というやりとりが。

えーと、両親はとっくに他界してしまってるしダンナは仕事だしダンナ側の家族に付き添ってもらうてのも気が休まらない。2人目だし要領はわかってるから1人でなんとか出来る、と思ってはなっから付き添ってもらうなど考えてなーい

それと以前、陣痛が始まった妊婦を乗せるのをタクシーは嫌がると聞いたことがあって、もともとタクシーの運転手サンと相性が良くない私は病院へ行く手段としてタクシーを選択肢に入れていなーい

ということで、陣痛の合間を見計らってこっそり自家用車を自ら運転して病院へ向かった(無謀)

そして何食わぬ顔で受付をすまして診察室へ。。。

するとなんとすでに5センチ子宮口が開いてるということで即入院

子宮口5センチ開いた状態で運転したんか・・・(青)

そのまま病室へ案内されて助産師さんに促されて着替えそして検査・・・などなど

その作業の合間に

助産師:「・・・どうやって来られたんですか・・・?」

私:「・・・・・・・・・・(パクパク)」

助産師:「聞かなかったことにします けど!今こうして何もなかったからいいですけど今後そういった危険な行為はやめて下さいね」 と優しく叱られました

と、そうこうしてる内に陣痛との戦いが始まったのだがお昼ごはんの時間だったので運ばれてきた定食やさん並みのウマそうなごはんをこれまた陣痛の合間を縫ってパクついていた

陣痛の波が来ると食べられないので箸を持ちながら「ぬぅぅぅぅぅ」と唸り、その波が去っていくと食べる、といった異様なその光景。

陣痛が来たときになんとか痛みから気を紛らわすためにテレビをつけていたのだが、ちょうど酒井法子の覚せい剤事件でテレビがやたら騒がしくしててどのチャンネルをまわしてもこの事件が根掘り葉掘り報道されていたんだけど、ともすればうっとおしい内容のテレビ番組なのにあまりのどうでもよさぷりがかえって気を紛らわすのに打ってつけだったようでお手本さながらの陣痛逃しが出来た

と、うんうん唸ってはふ~と一息ちゅーのを7時間ほどやりすごしまして、もういい加減ツラいぜと思い始めた辺りで痛みが猛烈なモノに変化

あまりの痛さに助産師さんを呼んで子宮口を確認してもらうとまだ6センチ

7時間たったのに1センチしか開かんてどういうことやねん!とぶつけようのない怒りを押さえたとき

暖かいものが出た

どこから?いや、そこから。

そう破水したんです

どうやら助産師さんに子宮口を確認してもらったのが刺激となりガっと一気に開いたようでその急な展開に助産師さんも焦ってみたりして

あたふたと分娩室へ

どたばた準備が進められて

んがーとイキんで

ポン 

と産まれました

分娩時間

なんと

15分

超安産 いえ~ぃ

陣痛の合間を見計らって一人で運転して病院へGOそして一人で7時間陣痛と戦い一人で分娩・・・これを武勇伝といわずして何という

------------------

あれからすでにもう2ヶ月が経ちましたが娘はすくすくとポチャポチャとムチムチと育っております

女の子だから?2人目だから?妙に余裕があったりして上の子では味わえなかった「育児を楽しむ」という感覚を今かみしめてます

めちゃくちゃカワイイっす

多少赤ちゃんという存在を理解できてるせいか上の子に赤ちゃん帰りらしい状況は見られないんですけどやはり甘えたがることが増えました 生意気になったのにまだまだ甘えたいんだなぁ・・・とこちらもまたカワイイっす

色々実は紆余曲折があったりして現在も波乱万丈真っ只中なんですけど子供の笑顔や寝顔に癒されてる毎日です。

また時間が出来次第親バカ日記でもつらつら書きます
スポンサーサイト

コメント

J美さんお久しぶりです~~

ここに覗きに来て下さったことが嬉しいっすv-238
やはり少し歳を離して産むとラクですか^^経験者のお言葉が聞けて良かった~
5年もたってまた1からだから戸惑いもあったりで少々不安だったんです・・・

なかなかネットに繋げることがむずかしいのですがまたそちらへも遊びにいきま~す

お久しぶりです

おめでとうございます!どうしていらっしゃるかなあと思っていましたら、赤ちゃん♪だったのね。
うちは6歳違いで下の子が生まれたのもあって、気持ち的に余裕がありありで育てられました。そのせいか下の子はのほほんとした性格ですv-341
陣痛で運転。仕方ないですよねぇ。実際友人も3人目だったので、やむを得ずタイミングを見計らいスリル満点のドライブを楽しんだ?らしい・・・
しばらく忙しい日々でしょうが、ご家族揃っておからだに気をつけてくださいね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/292-aeee960e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。