スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボーン・アルティメイタム」 

bone.jpg


前記事であれだけフっておいて全く違う映画の感想とかしれ~と書いてみたりして・・・いひひ

と、どちらかと言えばSな私の欲求をわしっと押さえつけて

引き続きボーンシリーズの感想を書き連ねてゆきます

今回はもちろん最新作の「ボーン・アルティメイタム」

1 映画館で映画を観るのは3年ぶり

2 しかも好きなシリーズ

3 そしてさっきシリーズ前作を自宅で観て予習してきた

みてこの3拍子!

浮かれない方がおかしい!

けど・・・すでに時代は早々と流れており、私が観に行った時すでにこの映画が上映されていたスクリーンは1番、2番といった大画面のものではなく7番とビミョーに縮小されておりました

ここで若干、浮かれ気分ゲージが下がりまして↓・・・

でも!

中はきっと観そびれた人でいっぱいなはず!

と、中に入ると・・・

言うまでもないすね、ええ、ガラガラでしたよ(寂)

7番っつっても席数は200近くあってスクリーンも結構大きい。そこで20人くらいがねこうハラリと・・・(寂)

しかもね、なんかね、こうね、とにかくね・・・

なんでこんなに真ん中に密集してんのよ!!!

なにもここまで揃いも揃って真ん中を希望しなくてもいいんじゃね!?

200ある座席で埋まってる20席がほぼ全部中心部・・・

そういう私の席はどこなのよっつったら

ま、あの、どどど真ん中、なんですけどね、ええ。(読みが甘い)

そんなこんなでスッカスカの場内で“伸び伸び”ではなくお隣さんとヒジつき合わせてやや窮屈な感じでとにかく観ました

ここからネタバレあります

冒頭、追っ手に追われてボロってるマットがキーファー・サザーランドに見えた・・・ちょっと似て・・・ないっすか・・・ははは^^;

なにより、マットは漂う聡明な雰囲気が隠せない時点でキーファーとの違いは明白(猛毒)

と、そんなことはさておき、この後のシーンでちょっと疑問・・・マリーの兄弟が登場するんですが確かマリーは義理の弟しかいなかったハズ。だけど、登場した男性が言ったセリフは「妹は?」だったんですよ

字幕翻訳が戸○奈○子さんだったので・・・えっと・・・あの・・・多少・・・「またやっちゃった?」感があったのですが

ハリウッドの映画って結構アバウトだったりするから設定がすでに間違ってたのを訂正しなかったのかも~(煙)

とかブツブツ言ってみたりもしたけども、いやーやっぱりボーンかっこいいわ!!!

ロス記者を操るところなんかはタマラない

でも!でも!やっぱーり!

1作目、2作目でも私を悩ませた“激しい揺れ演出”が3作目でもキッチリありまして・・・私の三半規管を刺激する・・・(吐)

闘争シーンの揺れ揺れぷりなんかはホント酔い止め薬かもしくはビニール袋の絵づらばかりが頭をかけめぐるほどのレベル(大画面だから余計)

勘弁してくれ・・・とグッタリしながらそれでもなんとか耐え抜きました。



ボーンのかっこよさはもちろんなのですが重要なキャスト、CIA高官のパメラ役のジョアン・アレンがめちゃくちゃかっこよかった

佇まいがかっこいい!ナイスキャスティング

もしかすると今回はボーン以上にかっこよかったかもしれない。

そして今回一番印象に残っているのが、後半に登場するボーンがパメラに電話をかけるシーン

これは2作目のスプレマシーのラストシーンと被ります

2作目ではボーンが己の正体に関する情報を敵方であるハズのパメラにいくつか教えてもらって自分がダレだかわからなかった苛立ちの中でパズルのピースが少し埋められたという切ない表情に見えてややジーンときたのですが、3作目でみた同じシーンではそんなウルっとくるようなモノではなくボーンの計算に基づく行動で結構緊迫したものでした。同じシーンなのにこうも違うのかと感心。

ここからはもうたたみかけられるようにテンポ良く進んでいきます

そしてラスト

ニッキー(ジュリア・スタイルズ)のニヤリ顔がちょっと怖いとかボーンの顔写真がニュースで放送されてあんなに世間に顔が割れてしもてたら逃げんのムリやん・・・など

いろいろ突っ込みポイントはありますが

とにかく、ゾクゾクしました

これは絶対続編あるでしょ!

結局ボーンが殺人マシーンになることを志望した“動機”がわからなかったしね(は・・・まさか本当に「アメリカの為」とかいう理由じゃないだろうね・・・汗)

久々の映画館での映画鑑賞、ベタなチョイスでしたが楽しめて良かったです☆
スポンサーサイト

コメント

ぬあぁぁ、、ありがとうですぅぅ(T▽T)
恐ろしく忙しい1日でしたけど楽しかったですぅぅ(T▽T)

ええ、ええ、まさに三半規管の弱い私には過酷なシーンが数多く・・・
でもボーンがかこよかったから許す☆

シネコンの入ってる大型ショッピングセンターの託児所に預けて・・・とか思ったりもしましたけどもう少しすれば自由に見れるときが来るかぁ~、とそこは諦めました~(´▽`)

ヨッシーしゃま♪
久しぶりの劇場鑑賞 おめでとう!!!
いやぁ~、この前のレビューも含め、ヨッシーさんが着々と映画鑑賞計画を進められる姿がドキュメンタリーを観るようで手に取るように分かりましたねぇ~。
その努力は涙モノでしたぁ(つ~`;)ゞ
努力の甲斐がありましたね!!!

「揺れ」については、ほんっとシャレにならないくらいの揺れ加減でした。
こりゃ三半規管の弱い人なら・・・ねぇ、そうなるでしょうね。

今「ママズシアター」っていうのもありますよね。
子供と鑑賞するママさん限定の上映時間が。
でも集中しては観れないわなぁ。
またいつかこんなサプライズな時間ができたら良いですねぇ~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sositenemurenaiyoru.blog56.fc2.com/tb.php/264-7eddaf90

ボーン・アルティメイタム

最後通告(アルティメイタム)と言いつつも 続編の匂いを残すラストでしたね(^皿^*)=3=3 やっぱし、このデイモンはカッコイイのだ!!! タフガイで頭脳明晰なジェイソン・ボーンの存在に魅了される。 今作も前作に引き続き監督はポール・グリーングラス。 も...
  • [2007/12/11 08:57]
  • URL |
  • UkiUkiれいんぼーデイ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。